J2リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における2部リーグである。参加クラブ数は、最大22チームとなっている。毎年、名ドラマが生まれる「J1昇格プレーオフ」は、過去2004年から2008年シーズンまで「J1・J2入れ替え戦」として導入されていたが、2012年に現在の名称で導入されている。リーグ戦で、1位と2位になったチームは自動でJ1リーグに昇格し、残りの1枠をかけて3位~6位のチームでプレーオフが行われる。J1リーグが注目されがちだが、J1昇格がかかったプレーオフでは各チームのJ1に昇格したいという凄まじい感情がぶつかり合い、サッカーファンのみならず観る者を感動させてくれる。過去には、フッキ(東京Vなど)、ディエゴ・フォルラン(C大阪)などのワールドクラスのビッグネームが在籍したり、日本代表として最前線で活躍していた選手が再び活躍する姿も見れることができるため、J2リーグも話題性があり、近年は観客数も増えて人気となっている。

表示する項目がありません

J2リーグ ゲーム情報

J1昇格をかけた争い!J2リーグの魅力とは

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の2部リーグであるJ2は、1999年に創立された。初年度に参入したクラブは「J1参入決定戦」に惜しくも敗れた2クラブと、将来的に参入を希望してた8クラブであった。現在は最大クラブ数である22チームが所属しており、最多優勝を誇るのは「北海道コンサドーレ札幌」「川崎フロンターレ」「京都サンガF.C. 」の3クラブである。当初は「Jリーグ ディビジョン2」と呼ばれており、2014年からは現在の呼称に変更されている。

試合が開催される日程は原則日曜日で、基本的にナイターゲームで行われている。J2の上位リーグには1993年に設立された「J1」、下位リーグには2014年に設立された「J3」が存在し、昇格することも降格することもある。試合方式は22チームによる総当たり戦で、各チーム42試合の成績で順位が決定される。最終的に勝ち点の多いチームが優勝となり、原則として上位チームはJ1に昇格する。同じように21位・22位となった下位チームは、J3リーグの上位2チームと自動的に入れ替えが行われる。そのため上位と下位のクラブチームでは、昇格と残留をかけて熾烈な戦いが繰り広げられることになる。各クラブチームのプライドを懸けた試合は多くのドラマを生み出し、手に汗握る展開に会場は熱狂する。注目度抜群のJ2の試合は、これからも多くのサッカーファンを魅了するに違いない。