2012年に始められたこのJ1昇格プレーオフでは、翌年のJ1リーグ参入を目指した熱く熾烈な戦いを目にすることができる。今年2016年は11月27日に準決勝が行われる。長野県松本市にある松本平広域公園総合球技場では、シーズン3位の松本山雅FCVSシーズン6位のファジアーノ岡山FCの戦いが繰り広げられる。大阪府大阪市にある金鳥スタジアムでは、シーズン4位のセレッソ大阪とシーズン5位の京都サンガF.C.が対戦予定だ。さらに、12月4日には準決勝で勝ち上がったチームでの決勝戦が行われ、J1リーグへの参入チームが確定する。下剋上も起こりうるこのプレーオフは、決してどの試合も見逃せないものばかりとなっている。

J1昇格プレーオフの日程

655人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

J1昇格プレーオフの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

J1昇格プレーオフのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

J1昇格プレーオフとは

J1昇格プレーオフについて

J1昇格プレーオフとは、日本のプロサッカーリーグにおいて、翌年のJリーグ、ディビジョン1への参入チームを決めるための試合制度のことである。

2012年から導入されたこの比較的新しい制度では、制度導入前までの「J1年間順位下位3チームが自動降格」を引き継ぎ、新たにJ2年間順位の3位から6位までがトーナメントでその昇格権を得られるというシステムになっている。3位から6位までの4チームが、3位vs6位、4位vs5位の戦いの中で、翌年のJ1参入を目指して熾烈な戦いを繰り広げるのがこのプレーオフだ。

1試合でリーグ昇格が決まるため、シーズン6位が昇格すれば「下剋上」を達成することができるこのシステムだが、圧倒的な力の差がないと言われているJリーグ内では有効な手段なのかもしれない。またその「下剋上」を期待してJ2リーグが予算面などで活性化することも想定されており、Jリーグを語る上で何かと外せないプレーオフとなっている。

12月に行われるこのイベントでは、チームの総決算としていつも以上に力の入った試合が期待できる。トップリーグの争いを前に、この昇格プレーオフでサッカー熱を温めてみてはいかがだろうか。

J1昇格プレーオフが好きな方はこんなチケットもおすすめ