J1リーグは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグである。参加クラブ数は、最大18チームとなっている。2015年からは、1シーズンを2つに分ける2ステージ制に変更となっている。リーグ戦が全て終了すると、各ステージの1位と、年間通算勝ち点の上位3位までの最大5チームによる『Jリーグチャンピオンシップ(年間決勝トーナメント)』が開催され、この大会を制したチームが年間王者となる。また、年間順位上2チームには『AFCチャンピオンズリーグ(ACL)』の出場権が与えられ、もう1チームに本戦出場をかけたプレーオフ出場権が与えられる。『リーグ戦』・『天皇杯』・『YBCルヴァンカップ(旧 ヤマザキナビスコカップ)』の3タイトルをかけた白熱した戦いからは目が離せない。J1リーグには、日本代表選手が所属するクラブも数多いため、各選手の代表では見られないまた違ったプレーを観る事ができるのも魅力的だ。

表示する項目がありません

Jリーグについて

Jリーグ観戦の魅力、見所とは

Jリーグは日本プロサッカーリーグの略称だ。主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)と公益社団法人日本プロサッカーリーグであり、主管団体はJリーグに加盟する各クラブとなります。2013年現在はJ1・J2の2部制となっておりトップリーグであるJ1に18クラブ、J2に22クラブが所属しています。

シーズンを通して、勝ち点制により順位を競いあう。シーズン終了後、J1の16~18位がJ2へ自動降格、J2の1位・2位がJ1へ自動昇格、J2の3位~6位の間でJ1昇格プレーオフを行ない、J1・J2の間でチームの所属リーグを入替える。この2部入替え制は、シーズンの順位争いをよりヒートアップさせ、各チームの選手は勿論、サポーターも巻き込んで大きな盛り上がりを見せている。

日本がワールドカップに出場するようになり、代表戦人気と共にJリーグの人気は盛り上がりを見せており、各試合レベルの高い攻防戦が見られます。プロならではのプレーを臨場感ある生で観戦しよう。