岩瀬敬吾は2人組フォークデュオ19(ジューク)の元メンバーである。2002年にバンドが解散して以降、現在はソロミュージシャンとして活動中であり、デビューシングル「くり返すは口ぐせと罪悪感」でソロデビューを果たした。2011年に自主レーベル「Näkemiin Records」を立ち上げ、幅広く活動中である。またプライベートでは3児の父でもあり、様々な顔をもつ。そんな岩瀬敬吾の最大の魅力は、その独特な世界観だろう。歌や歌詞にこめられた岩瀬敬吾の世界にどっぷりハマってしまうというファンは多い。岩瀬敬吾のライブへ行って、その世界観に浸ってみてはいかがだろうか?

岩瀬敬吾の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

岩瀬敬吾について

岩瀬敬吾の魅力とは

岩瀬敬吾は、岡平健治と結成された人気デュオ「19(ジューク)」のメンバーである。「あの青をこえて」でメジャーデビューを果たし、その後「あの紙ヒコーキ くもり空わって」など数々のヒット曲を輩出した。人気絶頂の2002年3月31日に解散。1980年代前後生まれの方にとっては、19といえば青春の一曲として思い出されるという人も多いのではないだろうか。

解散以降、ソロミュージシャンとして活動してきた岩瀬敬吾。やみつきになってしまうその独特の世界観に魅了されているファンが急増中だ。2000年以降、再ブレークが見込まれる岩瀬敬吾のライブチケットは、入手困難になることが予想される。そのため良席のチケットは即ソールドアウトとなるだろう。

岩瀬敬吾が好きな方はこんなチケットもおすすめ