イツァーク・パールマン ヴァイオリン・リサイタル取扱中!イツァーク・パールマンは、クラシック界では知らない人はいない、ヴァイオリン界の頂点に君臨するヴァイオニリストだ。1945年イスラエルのテル・アヴィブに生まれ、幼少時の病気で下半身障害を背負いながらヴァイオリニストを本格的に目指す。各所で天才的才能を発揮しながら成長。1966年から始めたレコーディングは総なめの勢いでレコード大賞を獲得。1993年映画「シンドラーのリスト」では主題歌をユダヤ人の一人であるイツァーク・パールマンが演奏し、全世界で彼の知名度を上げた。映像と演奏が一体化し、人々の心に深く残った。彼の演奏なしではこの映画は語れないだろう。長年愛用している1714年製のストラディヴァリウス・ソイルが音を奏で始めれば、たちまち人々の心に深く響き心が洗われること間違いなしだ。

イツァーク・パールマン ヴァイオリン・リサイタル

25人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

イツァークパールマンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/26 12:00更新)

イツァーク・パールマンについて

イツァーク・パールマンの魅力とは

イツァーク・パールマンがヴァイオリニストになるきっかけは、3歳児の時にラジオから流れてくるヴァイオリンの演奏に強い興味を持ったことからだった。その後レッスンを受けるものの、4歳で小児麻痺にかかり下半身が不自由になる。しかしヴァイオニリストの夢をあきらめず、その後も本格的なヴァイオリンのレッスンを受け続けアメリカへと渡る。

13歳の時にアメリカのテレビ「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことがきっかけで、広く世に名が知られるようになった。17歳の時、ヴィエニャフスキの「ヴァイオリン協奏曲第1番」を演奏し、カーネギー・ホールで正式デビューを果たす。18歳の時「レーヴェントリット国際コンクール」にて史上最年少で優勝し、天才的ヴァイオリニストの誕生となった。

今までの長いヴァイオリニストキャリアの変化について「音が良く聴こえるようになった。自分が何を奏でているかを聴くことは大切なこと」と語っている彼。現在は演奏活動をしながら、ジュリアード音楽院で若手ヴァイオリニストの育成に力を注いでいる。日本公演会で披露する艶やかな音色と難曲をクールに弾きこなすテクニックは圧巻。巨匠の音色を聴き逃がさないようにしよう。

イツァークパールマンが好きな方はこんなチケットもおすすめ