磯部磯兵衛物語」とは、週刊少年ジャンプで2013年から連載されている、仲間りょうによるギャグ漫画。グダグダに生きるダメ武士・磯部磯兵衛の日常が浮世絵タッチで描かれており、その作風は発表当時から話題を集めた。また、ジャンプ作品として史上初めて連載開始と同時にFLASHアニメ化されている。脱力系ギャグ漫画として、ジャンプの中では独特の存在感を放っている。2015年、「磯部磯兵衛物語」のアニメ化&舞台化が同時に発表された。アニメは30秒程度のショートアニメ(豆アニメ)となり、「マニメ」という名称で呼ばれている。何話から見始めても問題ないという、これまでのアニメの概念を覆す浮世絵ギャグアニメとなりそうだ。舞台化についても、「磯部磯兵衛物語」の世界観をどう表すのかに注目だ。

磯部磯兵衛物語の日程

53人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

磯部磯兵衛物語の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

磯部磯兵衛物語のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

磯部磯兵衛物語について

「磯部磯兵衛物語」とは、週刊少年ジャンプで連載されているギャグ漫画作品。作者は仲間りょう。連載開始は2013年。江戸時代を舞台に、ダラダラすごすダメ武士・磯部磯兵衛のゆるい日常を浮世絵タッチで描く作品だ。舞台が江戸時代とはいえ、様々な年代の登場人物が登場したり、江戸時代にないものが登場したり、史実が混じっていたりと内容は幅広い。

ジャンプ作品の中でも異彩を放つ「磯部磯兵衛物語」だが、当初は尾田栄一郎の急病で休載となった「ONE PIECE」の代理原稿として掲載されたのが始まりである。浮世絵ギャグという存在はかなりの注目を集めた。連載が開始された際には、ジャンプ作品として史上初めて連載開始と同時にFLASHアニメ化もされている。

2015年、「磯部磯兵衛物語」の連載2周年を祝う週刊少年ジャンプ誌上で、アニメ化&舞台化が同時に発表された。磯兵衛アニメは30秒程度のショートアニメ(豆アニメ)で制作され、「マニメ」という名称が定着した。テレビ以外でも見ることが出来たり、何話から見始めても問題ないという、アニメという固定観念にとらわれない浮世絵ギャグアニメとなりそうだ。舞台化についても驚きの声が多い。最近では、「ギャグマンガ日和」などギャグ漫画の舞台化もあるが、浮世絵で描かれている「磯部磯兵衛物語」の世界観をどう表すのかに注目だ。関連イベントや舞台のチケットは、入手が難しくなるだろう。

磯部磯兵衛物語が好きな方はこんなチケットもおすすめ