イスラ デ サルサはサルサをメインに様々なジャンルの音楽、ダンス、文化を体感しながら異文化交流をしようというNPO法人ティエンポ・イベロアメリカーノが主催するフェスだ。このイベントは国籍や人種、年齢などの壁を越えたボーダーレスなマインドを持って「ボーダーレスミュージック&ボーダーレスマインド」をテーマに国籍を問わず様々なジャンルのミュージシャン、ダンサーが集結する。イスラ デ サルサは1997年に能古島キャンプ村から始まり、ローカルバンドやダンサーを呼び手作り感溢れるイベントであったが、年を追うことに参加人数が増加、現在は世界でもトップレベルのサルサバンドやアーティストが参加するまでに成長している。

イスラ デ サルサの日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

イスラ デ サルサの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

イスラ デ サルサのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 18:00更新)

イスラ デ サルサについて

イスラ デ サルサとは

NPO法人ティエンポ・イベロアメリカーノが主催するイスラ デ サルサ。
このイベントは国籍や人種、年齢などの壁を越えたボーダーレスなマインドを持って「ボーダーレスミュージック&ボーダーレスマインド」をテーマに国籍を問わず様々なジャンルのミュージシャン、ダンサーが集結する。

1997年に能古島キャンプ村から始まったこのイベントはローカルバンドやダンサーを呼び手作り感溢れるイベントであったが、年を追うことに参加人数が増加、現在は世界でもトップレベルのサルサバンドやアーティストが参加するまでに成長した。開催は2日間でダンスパフォーマンスや博多金獅子太鼓、フラメンコの演奏やブラジル音楽の演奏、様々なワークショップの開催など正に国籍を飛び越えたプログラム構成となっている。

2016年で20周年の節目を迎え、開催地は第1回と同じ能古島キャンプ村へ里帰り。カリブ海を彷彿とさせる独特の雰囲気が好評で、ここでの開催を待ち望むファンの声に応える聖地開催となっている。イスラ デ サルサが終わった後にはアフターパーティーも開催。両日ともDJの奏でるダンスミュージックで踊ることが出来る。
参加者のリストバンド提示で割引となるので最後まで外さないように注意しよう。

イスラ デ サルサが好きな方はこんなチケットもおすすめ