石野卓球(Takkyu Ishino)とは1989年に国内テクノバンドの立役者ともなる存在電気グルーヴとして活動を開始、その後ソロアーティスト、音楽プロデューサーなど様々な姿で活動する音楽家である。電気グルーヴとしての活動は日本を席巻するほどの勢いで現在の世にも語り継がれるほど。その後ソロとして活動を開始すると日本だけでなく世界を股に掛けた活動を披露し、1998年にはベルリンで開催された音楽フェスティバルにも出演している。プロデューサーとして音楽イベントの主宰、アーティストのプロデュースなど実に多彩な活動をこなし日本を代表するプロデューサーとして高い地位を確立。さらにDJやリミキサーなどの活動でも実力を発揮、多彩な才能を持つ人物である。

石野卓球(Takkyu Ishino)の日程

180人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

石野卓球の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

石野卓球のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/17 00:00更新)

石野卓球(Takkyu Ishino)について

石野卓球(Takkyu Ishino)の魅力とは

石野卓球(Takkyu Ishino)とはテクノバンド電気グルーヴ、音楽プロデューサー、DJなど多彩な姿を披露しいずれも高い支持を集めている日本を代表する音楽プロデューサーである。電気グルーヴとして高い人気を発揮する彼は、それより以前に現在俳優として活躍するピエール瀧をはじめ数人で音楽グループ「人生」として活動していた。当時から高い音楽性を発揮しており、発表された作品はインディーズながら軒並みランキング上位へのランクインを果たしていた。メンバーの脱退を機に解散を発表、その後ピエール瀧と一緒に電気グルーヴを結成する。現在も変わらず高い才能を発揮し続けている石野、彼の活動の中心となるテクノへの想いは幼い頃から既に沸き起こっていた。小学生の頃に世間で絶大な人気を集めていた音楽ユニットYMO、彼はこのユニットに大ハマりする。あまりのハマりっぷりに家ではYMO禁止が発せられ、家にある物で作られる自作のサウンドはうるさいと一蹴される始末。それでも留まらぬ想いは学生時代にユニットを組むまでになり現在へと至る。ユニットとしての音楽活動に加え、ソロでの活動も多岐におよび多数のCD作品をリリースしている。シングル、アルバム、DJ-MIX、コンピレーションなど多彩な作品を発表、テクノの分野では右に出る者はいない。

石野卓球(Takkyu Ishino)が好きな方はこんなチケットもおすすめ