石川ひとみは愛知県出身、ファーイーストカンパニーに所属する歌手である。1978年に「右向け右」でキャニオンレコードのNAVレーベルよりデビューすると、その歌唱力とルックスから若者の支持を得てアイドルとしての人気を誇っていた。荒井由実作詞、作曲、そして編曲が松任谷正隆で、三木聖子に提供された曲「まちぶせ」を1981年にカバーするとこれがロングヒットを記録。石川ひとみにとっても最大のヒット曲となっている。現在も石川ひとみは、ザ・ピーナッツのトリビュートアルバム「ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス」の「ウナ・セラ・ディ東京」で岩崎宏美とデュエットを披露し、テレビの出演やイベントへの参加など精力的に活動している。

石川ひとみの日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

石川ひとみについて

石川ひとみの魅力とは

1978年に「右向け右」でキャニオンレコードのNAVレーベルよりデビューを果たした石川ひとみ。
その卓越した歌唱力と抜群のルックスから、アイドルとしての若者の支持を誇っていた。荒井由実による作詞、作曲、そして編曲に松任谷正隆という最強のタッグが三木聖子に提供した曲「まちぶせ」を1981年にカバーするとこれがロングヒットを記録。石川ひとみにとって最大のヒット曲となり、第32回 NHK紅白歌合戦へ出場を果たした。
この頃は歌手としてだけではなく、NHKで放送された人形劇の人気番組「プリンプリン物語」の主役プリンセス・プリンプリン役で声優としても活躍、その他も当時絶大な人気を誇った歌番組「レッツゴーヤング」のMCを務めるなどしていた。
1987年に病気を患い一時芸能活動を休止、その後復帰を遂げるとエイズ、肝炎などの講演活動にも熱心に取り組み、闘病記として「いっしょに泳ごうよ 愛が支えたB型肝炎克服記」も発表している。
現在も石川ひとみは、ザ・ピーナッツのトリビュートアルバム「ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス」の「ウナ・セラ・ディ東京」で岩崎宏美とデュエットを披露したり、テレビやイベントへ出演し勢いをとめることなく活動している。

石川ひとみが好きな方はこんなチケットもおすすめ