伊参スタジオ映画祭は群馬県で開催される映画祭である。2001年から「中之条ふるさと塾」を母体としてボランティアスタッフが中心となり発足。群馬県人口200万人を記念して製作された映画「眠る男」の撮影拠点として使用された伊勢スタジオの体育館を上映会場とした手作り感溢れるイベントだ。この伊勢スタジオは「眠る男」で使用されたセットや各所にあったロケセットを移築し、映画の世界を忠実に再現している。さらに「伊参スタジオ公園」には、「眠る男」で実際に使われた資料や映画「月とキャベツ」の衣装や小道具、写真なども展示されている。2003年からは全国からシナリオを公募する「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞」を実施しており、大賞受賞作は翌年の伊参スタジオ映画祭で初お披露目されている。

伊参スタジオ映画祭の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

伊参スタジオ映画祭について

伊参スタジオ映画祭の魅力とは

群馬県で開催される映画祭 伊参スタジオ映画祭。群馬県人口200万人記念として製作された映画「眠る男」の撮影拠点として使用された伊勢スタジオの体育館を上映会場とした手作り感溢れるイベントだ。この伊勢スタジオは「眠る男」で使用されたセットや各所にあったロケセットを移築、更に「眠る男」の資料や映画「月とキャベツ」の衣装や小道具、写真なども展示し「伊参スタジオ公園」として公開している。
2003年からは全国からシナリオを公募する「伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞」も実施しており、シナリオ大賞、審査員奨励賞、審査員特別賞、上毛新聞社賞、スタッフ賞が選出される。中編、短編から各1本の大賞受賞作品は中之条町周辺で映像化され、翌年の伊参スタジオ映画祭で初公開されている。2010年には第1回 地域再生大賞 ブロック賞を受賞し、2014年に「平成26年度 群馬県総合表彰 地域づくり分野」にて、伊参スタジオ映画祭実行委員会が選出された。群馬県中之条町役場と上毛新聞社、町内外のボランティアスタッフにより手作りで企画された伊参スタジオ映画祭は当日に地元住民がカツ丼やうどんなどの食べ物を振る舞う店が出店されるなど、巨大映画祭にはない温かみのある映画祭だ。

伊参スタジオ映画祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ