Isabelle Faust(イザベル・ファウスト)は、膨大なレパートリーを持ち他を圧倒するヴァイオリニストである。幼少期からヴァイオリンに触れることで類まれなる才能を発揮。15歳にしてコンクールにて優勝を果たす。以降もコンクールで高い成績を収め現在ではヨーロッパで最も勢いのあるヴァイオリニストとして活躍。2004年からは大学で教授を務めることで新たなヴァイオリニストの育成にも力を注いでいる。溢れる情熱を解き放つような彼女の演奏は多くの音楽家から高い評価を獲得。世界を飛び回る活躍でその腕を披露している。日本への来日も決定しており、2017年そして2018年と来日コンサートが決定している。熱く繊細な演奏は一度耳にしたら忘れることはできない、まるでヴァイオリンの魂が込められているかのようである。

イザベルファウストの日程

44人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

パルテノン多摩

東京文化会館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

イザベルファウストのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 18:00更新)

Isabelle Faustについて

Isabelle Faustの魅力とは

Isabelle Faustは、現在ヨーロッパで最も勢いのあるドイツ出身のヴァイオリニスト。高い音楽性は世界中で話題となりニューヨーク・タイムズで絶賛された。日本でもクラシック音楽を特集する誌面「音楽の友」で「絶対に聴くべきアーティスト」で1位を獲得するなど多くの場面で注目が集まっている。誰もが口を揃えて発言するのはやはり彼女のレパートリーの多さ。スタイルも時代も幅広くこなし、いずれも高い演奏能力を披露している。

かつて彼女が師事してきたのはクリストフ・ポッペン、そしてデネス・ジグモンディ。世界的に名を広めてからは多くの楽団と共演を果たしており、ベルリン・フィル、ハンブルク・フィルそして新日本フィルといずれも高い実力を持つ楽団ばかりである。自身の名を一気に広めることになる1993年の「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」での優勝、以降もコンクールに出場し多くの賞を受賞など、様々な音楽祭に出場し1人の演奏家としての地位を高めていく。ヴァイオリニストとしてのCDもリリースしており、もはやヨーロッパだけの活躍ではなくなっている。使っているのは「スリーピング・ビューティ」という名のストラディヴァリウス。名機を持つにふさわしい人物でありその演奏力は唯一無二の存在である。

イザベルファウストが好きな方はこんなチケットもおすすめ