イヌの日とは映画、舞台に活躍する長塚圭史主催の演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」が2000年に初めて公演した演劇である。2006年にも再公演された人気の演劇を俳優であり映画監督でもある劇団ゴジゲン主宰、松居大悟がリメイク上演する。松居大悟は2009年、NHKの連続ドラマ「ふたつのスピカ」で連続ドラマ脚本の最年少記録としてドラマ脚本家デビュー、2012年には人気コミック原作の「アフロ田中」で映画監督デビュー、2015年11月 第7回TAMA映画賞で最優秀新進監督賞を受賞するなど飛躍した活躍を納めている。長塚圭史の作りこまれた演劇「イヌの日」を若くエネルギーあふれた松居大悟がどのように演出するか楽しみである。

イヌの日の日程

20人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

砂川涼子の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

砂川涼子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

舞台「イヌの日」について

舞台「イヌの日」の魅力とは

「イヌの日」は俳優として活躍する長塚京三の息子、長塚圭史が主催する演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」で公演された人気の演目である。

「イヌの日」は高校を卒業後、進学も就職もせずに悪友たちと遊び暮らす広瀬幸司は、夏の初めに仲間の1人でありリーダーだある中津正行に呼び出される。「ある人たち」の面倒を見てくれと頼まれ広さの家の裏の防空壕に連れて行かれ防空壕の中を見るとそこには見は充分大人なのに、中身は小学生のままのかつての同級生達がいた。
「阿佐ヶ谷スパイダース」の長塚圭史は自身の創作のターニングポイントとしている演目である。

そのイヌの日をテレビドラマの脚本や近年は「アフロ田中」、「男子高校生の日常」などでメガホンを取り活躍し、みずからも劇団ゴジゲン主宰している松居大悟がリメイクをする。松居大悟も高校生のころから「阿佐ヶ谷スパイダース」のファンであり、今回自ら演出したいと思っていた「イヌの日」のリメイクを登場人物達と同年代の30歳前後のメンバーで行う。
出演者は尾上寛之、劇団「柿喰う客」の玉置玲央、ゴジゲンの目次立樹、イキウメの大窪人衛、人気モデルの青柳文子などが発表された。

イヌの日が好きな方はこんなチケットもおすすめ