セパ交流戦は2005年より始ったセントラル・リーグとパシフィック・リーグとの間で行われるインターリーグ。セ・パ両リーグのペナントレース中に、ホーム2試合・ビジター2試合(計4試合)の全12カード(計24試合)が5週間にわたって実施される。このインターリーグの中で優勝チームを競い、MVPを選出するのは勿論、この結果は各リーグのペナントレースの順位争いに影響する。これまで他リーグのチームとの試合はクライマックスシリーズを勝ち上がったチーム同士の日本シリーズや、シーズン前のオープン戦以外に見ることは出来なかったが、セパ交流戦により、他リーグのチームとの試合を観る事が出来るようになった。絶対に対戦する事のないチーム同士の試合では、各球団の応援団も一層の盛り上がりを見せる。セパ交流戦ならではの熱気を、ぜひ一度体験してみてほしい。

セ・パ交流戦の日程

10,712人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

セ・パ交流戦の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

セ・パ交流戦のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

セ・パ交流戦について

セ・パ交流戦は、セ・パ交流戦は、同一リーグのチーム同士の対戦ではなく、セリーグのチームとパリーグのチームが対戦する。2015年今年の開催日は5月26日〜6月14日まで。

2004年のプロ野球再編問題をきっかけに交流戦が2005年から開催されることになったセ・パ交流戦。2005年当初は各チーム、ホームとビジター3試合ずつだったが、現在は2試合ずつで1チーム計24試合。成績はチーム・選手ともペナントレースの成績に加味されるが、交流戦のみでの順位も付けられ、MVPの選手なども選出される。順位は勝率の順で決定する。2チームが並んだ場合は、まずは勝数を見てが多い方が上の順位になり、勝数が同じ場合は直接対戦の成績で決め。

主な取り決めとしては、サスペンデッドゲームは採用せず、指名打者制はパリーグ球団の主催試合のみに採用。延長戦は原則12回まで。セ・パ交流戦は、チケット売り切れ必至。セパそれぞれの熱い戦いをぜひ球場で堪能したい。

セ・パ交流戦が好きな方はこんなチケットもおすすめ