イニシュマン島のビリーは、1930年代のアイルランドのイニシュマン島を舞台にした皮肉なコメディ作品で、英国の劇作家であるマクドナーが1996年に発表したもの。障害のある青年のビリーが主人公だ。映画「ハリー・ポッター」シリーズの主人公を演じたダニエル・ラドクリフがビリー役を演じ、2013年ロンドン・ウエストエンド、2014年NY・ブロードウェイで上演され、絶賛された。今回は日本語で上演され、 古川雄輝が主人公のビリーを演じる。ヘレン役に鈴木杏、バートレイ役に柄本時生。他の出演者は山西惇、峯村リエ、平田敦子、小林正寛、藤木孝、江波杏子など。森新太郎が演出を担当する。イニシュマン島のビリーは世田谷パブリックシアターにて2016年3月25日から4月10日まで上演予定。

イニシュマン島のビリーの日程

213人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

イニシュマン島のビリーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

イニシュマン島のビリーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

イニシュマン島のビリーについて

イニシュマン島のビリー の魅力とは

イニシュマン島のビリーは、イギリスの劇作家であり鬼才とされるマーティン・マクドナーが1996年に発表した作品で原題はThe Cripple of Inishmaan。Crippleとは、手足が不自由な身体障がい者を指し、原題のとおり障害のある青年のビリーが主人公として描かれる。本作は1930年代のアイルランドのイニシュマン島を舞台に描かれ、抑圧された環境に暮らすビリーの住む隣のイニシュモア島にハリウッド映画の撮影が来るところから展開していく。閉鎖的な環境の中で、島から出るためにビリーは映画出演を渇望する。

既に海外では上演されており、映画「ハリー・ポッター」シリーズの主人公を演じたダニエル・ラドクリフがビリー役を演じている。2013年ロンドン・ウエストエンド、2014年NY・ブロードウェイで上演され、絶賛された。

日本では初上演となり古川雄輝が主人公のビリーを演じる。幼なじみのヘレン役に鈴木杏、その弟のバートレイ役に柄本時生。他の出演者は山西惇、峯村リエ、平田敦子、小林正寛、藤木孝、江波杏子など。森新太郎が演出を担当する。イニシュマン島のビリー世田谷パブリックシアターにて2016年3月25日から4月10日まで上演予定。

イニシュマン島のビリーが好きな方はこんなチケットもおすすめ