映画「インデペンデンス・デイ」は1996年に公開されたアメリカのSF映画である。宇宙人の侵略とそれに立ち向かう人間を描いたストーリーであり、1953年公開の映画「宇宙戦争」を強く意識した作りになっている。今では出演した映画がジャンルを問わず大ヒットする「ドル箱俳優」である、ウィル・スミスの出世作でもある。2016年には映画 インデペンデンス・デイの続編である「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」が公開される。主演は「アベンジャーズ」のソー役を務めたクリス・ヘムズワースの弟であるリアム・ヘムズワースと、アメリカのテレビドラマを中心に活躍する人気若手俳優のジェシー・アッシャーだ。ジェシー・アッシャーは前作でウィル・スミスが演じたスティーブン・ヒラー大尉の息子役を務めるとあって期待が集まっている。「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」の復習として今一度「インデペンデンス・デイ」を鑑賞する人も増えるだろう。

映画 インデペンデンス・デイの日程

18人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

インデペンデンス・デイの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

インデペンデンス・デイのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

映画 インデペンデンス・デイについて

大ヒットを記録した映画「インデペンデンス・デイ」

映画「インデペンデンス・デイ」は1996年に公開されたアメリカのSF映画であり、第69回アカデミー賞では視覚効果賞を受賞している。
興業的にも大ヒットを収めたが、1953年公開の映画「宇宙戦争」を強く意識した宇宙人の侵略とそれに立ち向かう人間を描いたストーリーが、「陳腐なストーリー」という批判を受け「最低な」映画を選んで表彰する第17回ゴールデンラズベリー賞最低脚本賞にもノミネートされた。ちなみにゴールデンラズベリー賞のほうは受賞には至らなかった。

公開当時にアメリカ合衆国大統領だったビル・クリントンは本作をいたく気に入り、ホワイトハウスで鑑賞するほどであった。当時、監督のローランド・エメリッヒが続編の構想を明らかにしており、続編の舞台は20年後の地球ということであった。
本作公開から20年が経った2016年に実際に続編である「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」が公開されることになり、話題を呼んでいる。

SF映画の金字塔とも呼べる本作の続編だけあって内容もかなり期待が持てるだろう。日本での公開はアメリカより少し遅く2016年7月9日から予定されているが、早くも今から待ち遠しい気分でいっぱいである。

映画 インデペンデンス・デイが好きな方はこんなチケットもおすすめ