稲葉友ファンイベント 話はかわるけど取扱中!稲葉友とは2009年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でのグランプリ獲得を機に芸能界活動を開始した俳優である。その翌年には早くもテレビドラマにて俳優デビュー、そして2014年には「仮面ライダードライブ」にて仮面ライダーマッハ役で出演し多くのファンを獲得する。2017年にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」へと出演、映画へも「仮面ライダー」シリーズ以外での出演もこなし俳優として知名度を上げていく。同時に舞台にも積極的に挑戦し2012年公演の「GROW-愚郎-」など多くの作品で主演を務めている。「仮面ライダー」への出演は他の俳優と同様に彼の人気を上げるものとなり、同時に多方面の活躍もこなすことになる。ドラマ、映画からゲームそしてテーマソングと底知れぬ才能を発揮している。

稲葉友ファンイベント 話はかわるけど

102人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

稲葉友のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 18:00更新)

稲葉友について

稲葉友の魅力とは

稲葉友とは「仮面ライダードライブ」、「ひぐらしのなく頃に」などを代表作に持つ現在人気上昇中の俳優である。
2010年のテレビドラマ「クローン ベイビー」にて俳優としてデビュー、その後多数の作品への出演を経て2016年のドラマ「ひぐらしのなく頃に」にて自身初となる主演へと抜擢されている。毎年多くの作品でその姿を披露しており、テレビドラマからは「レンタル救世主」、「今からあなたを脅迫します」、そして映画からは「MARS 〜ただ、君を愛してる〜」、「笑う招き猫」へと出演している。役柄によってその姿をガラっと変えることでも評判で、2017年秋に公演される自身3年ぶりとなる舞台作品「すべての四月のために」では役に合わせた坊主頭を披露している。本作で彼が務めるのは第二次世界大戦中に逞しく生きる日本軍人。当時の世界観を強調させるため丸刈りにし、それまでの爽やかな青年像から新たな俳優としての顔をさらけ出す。そこには3年ぶりとなる舞台作品への強い想いが存在しており、作品への想い入れに加え純粋な舞台出演の楽しさも現れている。実は過去にも爽やかな姿を閉じ込める作品は存在したが、今作ほどシンプルではっきりと変わる作品は貴重なもの。そのシンプルさにより彼の演技力を100%発揮でき、俳優稲葉友の実力をしっかりと見せつける場所となる。

稲葉友が好きな方はこんなチケットもおすすめ