因幡晃は、1975年から活動しているシンガーソングライターである。1954年3月18日生まれの秋田県大館市出身であり、高校卒業後、鉱山技師として就職する。仕事中に生まれたメロディと歌詞によって作られた楽曲「わかって下さい」で、1975年の第10回ヤマハ・ポピュラーソングコンテストに出場し、最優秀曲賞を受賞すると同時に、第6回世界歌謡祭にて入賞を果たす。翌1976年に同曲でデビューを果たし、37枚のシングル曲、38枚のアルバムを発表している。2015年にはデビュー40周年を迎え、記念アルバムの発表と全国ツアーを敢行するなど、今もなお精力的に音楽活動を続けている。そのほか、エフエム世田谷、及び全国のコミュニティ放送局で放送されているラジオ番組「アフタヌーン・パラダイス」では、金曜日のメインパーソナリティを務めている。

因幡晃の日程

10人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

因幡晃の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

因幡晃のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/17 06:00更新)

因幡晃について

因幡晃の魅力とは

因幡晃は、2015年にデビュー40周年を迎えたシンガーソングライターである。所属事務所は、堀内孝雄や田中義剛、森高千里、相田翔子などが在籍しているアップフロントクリエイトである。高校を卒業後、鉱山技師として就職しているが、仕事中に生まれたメロディと言葉から、自身の代表作となる楽曲「わかって下さい」が誕生する。同曲では、社会人になって交際するようになった女性と泣く泣く別れなければならなかった自身の体験を綴っているとされる。アマチュアでも音楽活動をしておらず、初のオリジナル曲となった「わかって下さい」で1975年の第10回ヤマハ・ポピュラーソングコンテストに出場し、最優秀曲賞を受賞した。ここからシンガーソングライターとしての道を切り開くことになった。同1975年の第6回世界歌謡祭にて入賞を果たし、翌1976年には同曲でメジャーデビューを果たし、同曲は今でも時折耳にしたくなる懐かしのナンバーとして、歌い継がれている。以降も発表する楽曲は、テレビドラマや企業コマーシャルのテーマソングとしても数多く採用されている。独特な世界観を持つ楽曲は、世間に広く受け入れられている。2015年には晴れてデビュー40周年を迎えているが、今でもデビュー当時と変わらない歌唱力は圧巻である。

因幡晃が好きな方はこんなチケットもおすすめ