韓国アイドルグループ「ZE:A」のメンバーでボーカルを担当するイム・シワンは、アーティストとしてだけでなく俳優としても人気を集めている。「太陽を抱く月」「赤道の男」「トライアングル」などの人気ドラマや映画「弁護人」などに主演し、さらに2014年に韓国で社会現象をよんだドラマ「未生(ミスン)」では、チャン・グレ役で切ない感動を与え、俳優イム・シワンとしての高い演技力をみせた。イム・シワン自身が人生で初めて作詞作曲をしたという「それでも、だから」はドラマ「未生(ミスン)」のOSTに収録されており、チャン・グレの切ない気持を表現するなどの濃い感性を表現した。2014年にはさまざまな大賞で男性新人賞を受賞するなど、俳優としても高い評価を得ている。そんなイム・シワンが2015年3月に来日し、日本でファンミーティングを行う。ZE:Aでのシワンとはまた違ったイム・シワンの姿を見ようと、ファンの注目も高まっている。

イムシワンの日程

11人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

イムシワンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

イムシワンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

イムシワンについて

イムシワンのコンサートの魅力とは

2007年に機械工学科在学中に、音楽番組の釜山での予選に参加し、それがきっかけで「ZE:A(ゼア)」の練習生のメンバーになった。その後ZE:Aのメンバーとして2010年に韓国で本格的にデビューを果たした。音楽番組・バラエティ番組への出演や広告CMモデルなど、活発な活動を行い、老若男女問わず人気のアイドルグループに成長した。その後イムシワンとして俳優としての活躍も見られるようになり、さまざまな人気ドラマに出演。俳優としても高い評価を得ている。2014年にはその俳優としての才能が認められ、数々の新人賞を受賞。2015年も俳優イム・シワンとしての活躍がみられるだろう。 ZE:Aとして日本での活動も積極的に行ってきたイム・シワンの、日本での初の単独ソロファンミーティングはチケットの人気も目立っている。グループでは見られないイム・シワンの魅力が存分につまったファンミーティングになるだろう。

イムシワンが好きな方はこんなチケットもおすすめ