池松壮亮は福岡県出身、ホリプロに所属する俳優だ。姉は元劇団四季の女優 池松日佳瑠という芸能一家だ。2001年にミュージカル「ライオン・キング」のヤングシンバ役でデビューを飾っており、姉も同ミュージカルでヤングナラ役を演じているという共通点もある。2003年にトム・クルーズ主演のハリウッド映画「ラストサムライ」にて日本人の少年 飛源役に抜擢。映画初出演のこの作品で、第30回サターン賞 若手俳優賞にノミネートされ話題となった。2005年には冨樫 森監督の映画「鉄人28号」で一般公募も含めた1万人の中から主人公 金田正太郎役に抜擢され、これが映画初主演となっている。今や若手俳優の筆頭ともなっている池松壮亮は出演作品も話題となり注目を集めている。

池松壮亮の日程

24人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

池松壮亮の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

池松壮亮のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

池松壮亮について

池松壮亮の魅力とは

福岡県出身、ホリプロに所属する俳優 池松壮亮。映画初出演となったのは、2003年 トム・クルーズ主演のハリウッド映画「ラストサムライ」にて日本人の少年 飛源役。この作品で第30回サターン賞 若手俳優賞にノミネートされ話題となった。
2005年には冨樫 森監督の映画「鉄人28号」で一般公募も含めた1万人の中から主人公 金田正太郎役に抜擢され、これが映画初主演となっている。その後も「男たちの大和/YAMATO」や「UDON」、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」など話題作に次々と出演。大河ドラマ「風林火山」などにも出演し、着実にキャリアを積み重ねている。
事務所をホリプロに移籍後、大学を卒業すると本格的に役者として活動するようになり、2013年の第5回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞の受賞を皮切りに、第27回日刊スポーツ映画大賞 助演男優賞、第36回ヨコハマ映画祭 最優秀助演男優賞、第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞や第57回ブルーリボン賞 助演男優賞など様々な賞を受賞。2016年には第10回日藝賞も受賞している。「デスノート Light up the NEW world」、「夜空はいつでも最高密度の青色だ」、「永い言い訳」など話題作への出演も後を絶えず益々注目の役者である。

池松壮亮が好きな方はこんなチケットもおすすめ