池田亮司は、電子音響や映像を複合的に用いたパフォーマンスで知られる現代美術作家である。1966年生まれの岐阜県出身であり、現在はフランスのパリを拠点に活動している。特徴は、数学的な精度とアートにおける美学の両面を融合させつつ、音響や映像、物理的アプローチを横断的に作品に取り込むことと言われている。近年では、2009年に東京都現代美術館で開催された個展「+/- [the infinite between 0 and 1]」や、2010年にあいちトリエンナーレ2010で展開された「spectra」などの作品が挙げられる。また、2014年には、NYのタイムズスクエアにおいて、47つのデジタルスクリーンをジャックし、街頭を白と黒のバーコードに染め上げたパフォーマンスは世界的にも話題を読んだ。

池田亮司の日程

20人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

RYOJI IKEDAの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

RYOJI IKEDAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 12:00更新)

池田亮司について

池田亮司の魅力とは

池田亮司は、フランスのパリを拠点に世界的に活躍している現代美術作家である。電子音楽作曲家やアーティストとしても知られ、超音波や周波数、そして音そのものの特性に焦点を当てた作品を数多く生み出してきている。また、音の物理的特性や人間の知覚、音楽が持つ数学的アプローチを限界まで活用しており、独特の世界観と手法をこれまで発展させてきた。1990年から本格的な音楽活動をスタートさせ、1997年発表のアルバム「+/-」や、翌1998年の「0°C」、2001年の「matrix」などが著名な作品として知られているが、どれも批評家からは「最も過激で革新的な現代電子音楽」と称されている。活動は他のアーティストとのコラボレーションなども行なっており、現代美術家の杉本博司や建築家の伊藤豊雄、そしてパフォーマンス集団「ダムタイプ(Dumb Type)」の舞台音楽などを担当している。展示や公演は、世界の一流フェスティバルや展覧会で開催されており、アメリカ、オーストラリア、スペイン、フランス、イギリス、イタリア、スウェーデンなど、活動拠点の兼ね合いもあり欧州での活躍が著しいと言える。2017年10月に京都で開催されるKYOTO EXPERIMENT 2017において、公式プログラムが準備されており、日本で体験できる数少ないチャンスが訪れている。

池田亮司が好きな方はこんなチケットもおすすめ