五十嵐裕美は、1986年生まれ、北海道札幌市出身の声優である。マウスプロモーションに所属し2008年ごろから活動を続けており、ゆきんこと言う愛称で親しまれるている。北海道出身であり、色白で美しい容姿から、声優仲間の喜多村英梨によって命名された。「アイドルマスターシンデレラガールズ」の双葉杏役や、「パパのいうことを聞きなさい!」の小島遊ひな役、「桜Trick」 の南しずく役など、数多くのアニメ声優として活躍している。幼い少女から落ち着いた大人の女性、さらに歳を重ねた母親役や少年の声まで、幅広い演技力で、数多くの役をこなしている。また、ラジオ番組「ゆきんこ・りえしょんのいちごまみれだよ〜」では、メインパーソナリティーを務めている。

五十嵐裕美の日程

66人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

五十嵐裕美のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 00:00更新)

五十嵐裕美について

五十嵐裕美の魅力とは

小学生の頃から、ギャルゲーにどっぷりハマる2次元オタクで、テレビアニメデジキャラットがきっかけでアニメの世界にますます引き込まれた。絵の才能があればアニメの制作に携わりたかったが、絵に自信がなかったため、何かしらの方法でアニメに携わることができないかと考え、声優にたどり着いたという。中学時代には、堀江由衣のファンクラブに入り、声優雑誌などを見ては、夢を膨らませていた。人前で話すことが苦手だったという高校時代、あえて放送部に入り、話す努力をしたという。

大学時代には週に1度養成所に通い、マウスプロモーションの養成所に受かってからは、1年目から仕事をもらっていた。 2007年の声優オーディションでは、最終選考まで残り、2008年にはテレビアニメ「AYKASHI」の子供役、ゲーム「タツノコ VS CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」 のロール役でデビューした。 先に挙げた代表作の他にも、「会長はメイド様!」の兵藤 葵役や、「黒魔女さんが通る!!」の鈴風さやか役、「コンクリート・レボルティオ」の森野ワカバ役、「ろんぐらいだぁす」の新垣 葵役など、多くのアニメに出演している。また、自身も大好きだというゲームの世界でも活躍しており、「グランブルーファンタジー」のアルドラ役や、「白猫プロジェクト」の不思議な鳴き声の従者シルル役などもこなしている。

五十嵐裕美が好きな方はこんなチケットもおすすめ