キャスト、スタッフ、すべて“関西”にこだわった、関西テレビが演劇界に挑む意欲作「本日、家を買います。」 キャストに、上方落語界を牽引する桂米團治関西ジャニーズJr.としてドラマ・舞台でも活躍する西畑大吾、主に関西演劇界で活動をしている曽木亜古弥、今回オーディションで選出され初めて舞台を踏むことになった岡田あずさ、そして役者としてもすべらない一面を見せてくれるか!?の兵動大樹など抜擢。関西テレビが初めて完全オリジナル、脚本、演出、プロデュースと社員が作る舞台に挑戦をするこの作品、スタッフも含めとにかく関西にこだわり、テレビ局が作るからこそできるキャスティング、切り口で今までの常識を超える。大阪 国立文学劇場にて6月16日~18日の間公演される。

本日、家を買います。の日程

64人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

本日、家を買います。の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

本日、家を買います。のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 06:00更新)

本日、家を買います。について

東三国に住む、ごく普通(?)の4人家族、鈴木家。一家の大黒柱である一朗(桂米團治)、少し天然だけど愛嬌のある妻聖美(曽木亜古弥)、頭がよく難関私立高校に入学するも、引きこもりになってしまっている長男路未央(西畑大吾)、東三国密着地下アイドルという裏の顔を持つ天真爛漫だけど、霊感もある長女今鹿(岡田あずさ)。一朗は路未央が引きこもってしまっていることや、最近、妻や、娘とぎこちなくなってしまっているのは、みんなが楽しく過ごせるそんな“家”に住んでいないからだと思い、ついに憧れのマイホームを購入することを決意する。いよいよ契約の日、みんな揃って契約書にハンコを押すため、家族全員にモデルルームに集合をかけた一朗。契約のために集まった家族と、親切な対応で“家”探しを支えた、不動産屋の菅谷(兵動大樹)が顔をそろえたところで、ごく普通の家庭でごく普通に起こり得るトラブルがイッキに発覚するという異常事態でまさかの家族崩壊危機に…。彼らは無事に家を買えるのか、ナンセンスなようで妙にリアルなホームコメディー。

その演技力にも定評のある関西ジャニーズJr.西畑大吾だが、そんな彼が引きこもり役に挑戦ということで、ファンからの期待も高まっている。大阪府堺市出身だという彼が、関西弁でどのような演技を魅せてくれるのだろうか。ファンは見逃せない!!!

本日、家を買います。が好きな方はこんなチケットもおすすめ