東京女子流「ザ・対バン」始動!第一弾はSuGが登場!

2010年にデビューしたエイベックス7年ぶりのガールズグループである東京女子流

ハイペースなライブで有名な彼女らが2015年から新たなライブシリーズを始動させました。それが毎回ゲストを迎えてのツーマン形式で行う「ザ・対バン」、ワンマンで行う「ザ・単ドク」を昼と夜の二部構成でやるというものです。この第一弾のパートナーとなったのがヴィジュアル系ミクスチャーバンドSuGです。

ここでは1/17(土)に神奈川のクラブチッタで行われたライブの模様を中心に東京女子流の魅力に迫ります。

先攻はSuG!フロアを熱狂させるミクスチャーロックがさく裂!

ファンをして「SuGのことを舐めていた」と言わしめるほどの実力を発揮したSuGの魅力は、そのノリのいいポジティブなサウンドもさることながら、MCの面白さや煽りの巧さです。ダンスミュージックをふんだんに織り交ぜた「SweeToxic」や、頻繁にジャンルを横断する「STAY TUNED」などで観客を一気に自分たちの音楽に巻き込んでいきます。フロアをかき回すような変幻自在の楽曲で、東京女子流へのバトンを完ぺきに引き継ぎます。

当日のセットリストは次の通り。

  • 1.B.A.B.Y.
  • 2.sweeToxic
  • 3.STAY TUNED
  • 4.CRY OUT
  • 5.R.P.G.~Rockin’ Playing Game
  • 6.不完全Beautyfool Days
  • 7.小悪魔Sparkling

続く後攻東京女子流!負けじとアグレッシブにパフォーマンス

SuGのロックナンバーに合わせ、登場曲はLUNA SEAのJが提供した「Get The Star」。黒いマントを使ったパフォーマンスを採り入れた「十字架」、リミックスバージョンの「Liar」など矢継ぎ早に畳みかけるアグレッシブなステージは、「ダンス&ボーカルグループ」としての成長を誓った「アーティスト女子流宣言」に恥じないものでした。

ラストはSuGのナンバー「39GalaxyZ」でタオルを回しながら会場を盛り上げ、ミクスチャーロック&アイドルミュージックという融合を見事に成功させました。

当日のセットリストは次の通りです。

  • 01. GetTheStar 
  • 02. 十字架 
  • 03. Partition Love 
  • 04. Liar (RE:NDZ Remix)
  • 05. ヒマワリと星屑 (Yoshino Yoshikawa “Pollarstars” Remix)
  • 06. 鼓動の秘密 
  • 07. ディスコード 
  • 08. existence 
  • SuGコラボ
  • 09. GalaxyZ
友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。