SKE48のアップテンポで楽しい「パレオはエメラルド」をご紹介!

SKE48AKB48の姉妹グループとして名古屋の栄を拠点に活動している秋元康プロデュースのガールズグループで、最近は紅白にも出演するなどお茶の間でも広く知られた存在になりましたよね。

AKB48とは姉妹グループではありますが「AKBに勝つ!」ことを目標に活動していて、特にダンスや振付に関しては非常にレベルが高く評価も良いので自信を持っているようです。

今回はそんなSKE48の紅白歌合戦初出場の時の楽曲にも選ばれた大ヒット曲「パレオはエメラルド」にフューチャーしてご紹介させていただきたいと思います。

「パレオはエメラルド」はSKE48らしさが全開の大ヒット曲

パレオはエメラルド【ジャケットC】をAmazonでチェック!

「パレオとエメラルド」は2011年7月に発売されたSKE48の6thシングルであり、彼女達の初めて紅白歌合戦でも歌われた記念すべき代表曲です。

オリコンチャートでも初登場1位を記録し大ヒットした楽曲で、センターは松井珠理奈が務めています。最初はキラキラと透明感のある曲調で始まるのですが、途中でガラッと変調させてスピーディーでアッパーな元気のいい曲調に変わります。ファンの中でもこの変調は盛り上がりどころと好評です。

全体的に楽しげで元気でアップテンポなナンバーになっていて、聞いているだけでパワーがこみ上げてきますよね。

パレオはエメラルド【ジャケットC】をAmazonでチェック!

SKE48の「パレオはエメラルド」の歌詞にときめいてしまう

「パレオはエメラルド」の歌詞を良く見て行きましょう。この楽曲はずっと妹のようだと思っていたガールフレンドが綺麗な大人に成長し、その子がエメラルド色のパレオをまとう姿に恋をしてしまう男の子視点で描かれています。

この部分は今まで親しかったガールフレンドが今まで思っていた姿と違っていること、成長した彼女の美しさに気づいた時の心情を表していますよね。

も同じような心情と戸惑いのような気持ちを表していますよね。相手のことが好きだと気づくと、相手のことも周囲の景色さえも違ったように見える体験は誰しもあるもの。そんな共感を呼ぶフレーズです。

そして自らの中にある恋愛感情に気付くわけですよね。あまりに身近だと相手のことが実はあまり見えていないというのは良くあることです。この歌詞を見て、今まで気づけなかった身近な人に対しての恋愛感情に気づいた方もいるはず。純粋でキラキラした若さ溢れる歌詞になっています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。