モーニング娘。8世代に渡る歴代リーダーまとめ!

1998年1月28日にメジャーデビューし、2012年には15周年を迎えたモーニング娘。2014年には、「モーニング娘。’14」と改名されました。

11月26日にはリーダーの道重さゆみが卒業することが決まっています。今回は、初代の中澤裕子から8代目の道重さゆみまで、歴代のモーニング娘。のリーダーをご紹介します。

モーニング娘。の初代リーダー: 中澤裕子

中澤裕子はデビュー当時24歳でした。社会人経験があり、最年長であることからリーダーに抜擢され、1998年1月28日から2001年4月15日までモーニング娘。を率いました。10代のメンバーをまとめたしっかり者のリーダーでした。

モーニング娘。の2代目リーダー:飯田圭織

中澤裕子が卒業した2001年4月15日から2005年1月30日まで、5期、6期のリーダーを務めました。ロングヘアーがトレードマークの飯田圭織はイラストが上手く、絵本の出版や個展の開催といった活動もしています。

モーニング娘。の3代目リーダー:矢口真里

矢口真里は2期のメンバーです。2003年の保田圭の卒業後は2代目のサブリーダーとして活躍していました。リーダーを務めたのは2005年1月31日から4月14日までです。ミニモニ。とZYXのリーダーでもあります。

モーニング娘。から脱退した後は明るいキャラクターを活かしてバラエティ番組で活躍しましたが、2013年から活動を休止しています。

モーニング娘。の4代目リーダー:吉澤ひとみ

2005年4月15日から2007年5月6日までリーダーを務めました。ハロー!プロジェクトのフットサルチームのキャプテンでもあります。

吉澤ひとみはスポーツが得意で、サッカーのコメンテーターとして活躍しました。2013年にはVリーグのアンバサダーに選ばれました。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:3)

  • 頑張ればいいのよ、♪(v^_^)vたい好き♪(╹◡╹)❤️♥️

  • 矢口真里と藤本美貴を除いて、リーダーとしては、合格点。
    中澤裕子は、こんな逸話があった。辻希美と加護亜依を優香と篠原ともえがイジメていて、中澤裕子が優香と篠原ともえを怒鳴りつけた一件があった。
    O型コンビ(中澤裕子と吉澤ひとみ)は、アメとムチを使い分けるタイプ、
    A型トリオ(飯田圭織と高橋愛と道重さゆみ)は、上手くグループをまとめるタイプ、
    B型の新垣里沙は、期間が短く、「つなぎ」のリーダーとしての役割を果たすタイプ。

  • 高橋愛の私服ってダサいらしいよ。
    福井県福井市で、見かけたんだ。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。