モーニング娘。初の1位を獲得した抱いてHOLD ON MEを徹底解説!

2014年11月26の公演で芸能活動の休止を宣言した道重さゆみ。モーニング娘。は、そのあとを引き継いだ譜久村聖(ふくむらみずき)が率いています。1998年にメジャーデビューして以来国内にとどまらずにファンを持つほどの人気アイドルユニットに成長しました。

そんなモーニング娘。の初期のシングルが「抱いて HOLD ON ME」です。ここではこの3枚目のシングルに寄せて、モーニング娘。の歴史を振り返りたいと思います! さあみんなで懐かしくなろう!

「抱いて HOLD ON ME」はモーニング娘。初のオリコンチャート1位獲得作品!

抱いてHOLD ON ME!をAmazonでチェック!

「LOVEマシーン」「恋のダンスサイト」などでのちにミリオンセラーを連発するモーニング娘。も、「抱いて HOLD ON ME」をリリースした98年9月には、まだデビュー直後の駆け出しグループでした。

デビューシングル「モーニングコーヒー」リリース時は初期メンバー5人で5万枚のCDを手売りするなどの地道なプロモーションを行っていたほどです。その努力が報われたのか、メジャーデビューから7か月とちょっと経ってリリースした本作で初のオリコンチャート1位を獲得。

NHK紅白歌合戦の初出場時にも歌うなど、初期のモーニング娘。の代表曲となります。

▶︎抱いてHOLD ON ME!をAmazonでチェック!

「大人路線」第2作目 「抱いて HOLD ON ME」はセクシーな歌詞が特徴的だった!

この歌詞からもわかるように当時まだ12歳の福田明日香や16歳の安倍なつみがいるにもかかわらず、かなり過激な歌詞に(今だと普通なのかもしれませんが、当時は結構鮮烈でした)なっています!

今も童顔な安倍なつみと同い年だった当時16歳の飯田圭織の「ねえ笑って?」いうセリフが話題にもなり、とんねるずの石橋貴明にネタとしていじられたりもしました。

他の芸人などにも「モーニング息子。」などとパロディをされるなど、各方面にも歌が浸透していき、ファン層が広がっていくきっかけにもなりました。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • 『デビューシングル「モーニングコーヒー」リリース時は初期メンバー5人で5万枚のCDを手売りするなど。。。』→「愛の種」です!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。