けやき坂46長濱ねるはアイドルになることを両親に止められていた!?その経緯について紹介!

2016年に欅坂46(漢字欅)のアンダーグループとして誕生したけやき坂46(ひらがなけやき)。そんなけやき坂46から今回紹介するのは長濱ねるさんです。長濱ねるさんは欅坂46のオーディションに参加したものの、ある事情からけやき坂46として加入し、漢字欅を兼任することになったメンバーなんです。今回は、その経緯について、また、長濱ねるさんの身長、性格などプロフィールについて紹介します。

けやき坂46長濱ねるのプロフィールを紹介!

2016年に欅坂46(漢字欅)のアンダーグループとして誕生したけやき坂46(ひらがなけやき)。
2017年5月31日のZepp Namba公演から全国ツアーがスタートし、7月18日から放送中の「KEYABINGO!3」から初めて参戦するなど人気急上昇中です。
そんなけやき坂46から今回紹介するのは長濱ねるさんです。

長濱ねるさんは欅坂46(漢字欅)のオーディションに参加したものの、ある事情からけやき坂46(ひらがなけやき)として加入し、漢字欅を兼任することになったメンバーなんです。
今回は、その経緯について、また、長濱ねるさんの身長、性格などプロフィールについて紹介します。

けやき坂46長濱ねるプロフィール①五島列島出身

  • 名前:長濱ねる(ながはまねる)
  • 生年月日:1998年9月4日
  • 出身地:長崎県
  • 身長:157cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:読書
  • 特技:知らない街を一人で散策すること

長濱ねるさんは、川口春奈さんの出身地でも知られる鹿児島県の五島列島に生まれ、3歳から小学1年生の時まで住んでいました。
五島列島は、人口7万人で、5島という名前ですが、140以上の島からなり、ほぼ全域で西海国立自然公園に指定されるなど、豊かな自然に囲まれた場所。

長濱ねるさん本人のブログには、アジを釣ったり、花を食べたりした、と島での子供時代を回想しています。
名所は映画「悪人」のラストシーンのロケ地にも使用された大瀬崎灯台という断崖絶壁、潮が引いた時に道が現れる現象であるトンボロが見られる「前島のトンボロ」など。

2016年9月10日の長濱ねるさん本人のブログで、帰省した時の様子が紹介されると、ファンのブログなどで「綺麗すぎ」、「絶対行く」と大好評でした。

けやき坂46長濱ねるプロフィール②名前の由来

長濱ねるさんといえば”ねる”という珍しい名前!“ねる”という珍しい名前の由来は、名前に”る”をどうしても入れたかったお母さんが、”あ”から順番に”る”と組み合わせていき、最終的に”ねる”がしっくりきたため名付けました。

また、”ねる”という名前には「考えをねる」という意味も込められています。
珍しい名前ですが、Googleの検索キーワードに”名前の由来”が挙がるなど、インパクトは抜群のようで、名前が長濱ねるさんの武器になっています。

けやき坂46長濱ねるプロフィール③まりっか推し

長濱ねるさんが欅坂46のメンバーになったきっかけは”まりっか”こと乃木坂46の伊藤万理華さんです。
中学2年生の頃から伊藤万理華さん推しで、伊藤万理華さんに憧れオーディションを受けました。
オーディションでは伊藤万理華さんのソロ曲「まりっか’17」を歌っています。

伊藤万理華さんが、好きなところについて本人のブログには以下のようなコメントを投稿しています。

万理華さんの性格センス話し方表情ファッション笑顔言葉の選び方写真の撮り方などすべてがすきなんです

(引用:欅坂46公式ブログ

メンバーが私服で参加する個別握手会で見せたファッションがファンの間で伊藤万理華さんのようだ、と話題になったこともあり、ファッションにも影響を受けているようです。
そして2017年4月14日の長濱ねるさん本人のブログには、伊藤万理華さんとご飯を食べに行ったこと共に、以下のようなことが記されていました。

伊藤万理華さんに出会えてなかったら

私は今ここにはいないです。

(引用:欅坂46公式ブログ

アイドル活動を始めるきっかけであり、また、アイドル活動の原動力になっている伊藤万理華さんが、長濱ねるさんを語る上で欠かせない重要な存在になっています。

けやき坂46長濱ねるプロフィール④けやき坂のメンバーになった理由

長濱ねるさんは、けやき坂46(ひらがなけき)のメンバーとして欅坂46(漢字欅)を兼任していますが、こうなった理由はご両親がアイドル活動に難色を示していたためです。
伊藤万理華さんに憧れ、欅坂46のオーディションを受けることになりますが、ご両親は応募用紙に印鑑を押すときもどうせ受かるわけがないと思い押したと明かしています。

しかし、そんなご両親の予想に反して1次審査(書類審査)、福岡で行われた2次を突破。そしてご両親から合格しても合格しなくても長崎に帰ってくるように言われ向かった東京で行われた3次審査(最終審査)でも突破します。
帰ってくるよう言われていた長濱ねるさんですが、夢を実現するため、長崎には帰らず、最終オーディションに参加。
しかし最終オーディション当日、母親に連れ戻されてしまいます……。

連れ戻された長濱ねるさんは家で泣きじゃくったそうで、それを見かねた父親が運営スタッフに連絡。運営から乃木坂46の「真夏の全国ツアー2015」のライブに招待されます。
そのライブで、乃木坂46のメンバーの父親のコメント集を見て、乃木坂46のメンバーの父親も悩みながら娘を送り出していることを知り、また、ステージ上の乃木坂46のメンバーの姿を見て心境が変化し、ご両親が活動を承諾することになります。

しかし正規メンバーとして受かるのは他の参加者に対していかがなものかということで、アンダーグループ「けやき坂」のメンバーとして活動することになりました。
こうした経緯があるため、「サイレントマジョリティ」には参加せず、漢字欅とひらがなけやきを兼任しています。

けやき坂46長濱ねるプロフィール⑤初代インテリ女王

長崎県有数の進学校である長崎西高校を卒業し、アメリカ、イギリスなどの国にホームステイをした経験があるなど知性派の長濱ねるさん。
かなりの読書家で、2016年10月9日の本人のブログにトマス・ピンチョンの「重力の虹」とゲーテ「ファウスト(上下巻)」を4日で読破した、とあります。

また、中学生の頃には、ヴィクトル・ユーゴーの「レミゼラブル」の読書感想文で、最優秀賞を受賞しています。
また、その日の本人のブログには、プラトンの哲学書「国家」を読んでいる、とも書いてありますが、長濱ねるさんは哲学が好きです。
以前、「週刊プレイボーイ」のインタビューで、哲学について熱弁していました。

けやき坂46長濱ねるプロフィール⑥哲学好き

知性派アイドルの長濱ねるさん。欅坂46ファンからは、アイドル界のクイズ女王としての活躍にも期待されています。
なぜ期待されているかというと、これまでにクイズ番組で活躍しているからです。
高校1、2年生の時には、全国高等学校クイズ選手権に参加し、2年生の頃には長崎県大会の決勝に進出。

また、欅坂46の冠番組「欅坂って書けない?」の企画「インテリ女王」では見事に1位を獲得。
「ザ・タイムショック」では惜しくも1回戦で敗退してしまいましたが、「くりぃむクイズ ミラクル9」では100万円がかかったクイズで見事に正解しています。
出演した際にはファンのブログなどで話題になり、そして欅坂46のアピールに期待している声がたくさん挙がっていました。

欅坂46の関連記事はこちら

けやき坂46長濱ねるプロフィールまとめ

けやき46長濱ねるさんのプロフィール紹介はいかがでしたでしょうか。
クイズ番組に出演するなど、欅坂46では平手友梨奈さんの次に個人で活躍し、更にこれまでに出演したクイズ番組では爪痕を残し、ファンのブログなどで話題になっているので、これからの活躍が楽しみです!
そして長濱ねるさん本人のブログも更新中なのでぜひご覧ください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。