欅坂46上村莉菜!身長やメンバーカラーなどプロフィールを公開!欅の優しいポンコツお姉さん!

女性アイドルデビューシングル売上歴代1位から始まり、ドラマ主演や紅白歌合戦出場と怒涛の勢いを見せつけた欅坂46.今回は可愛らしい小柄な身長とポンコツエピソードが魅力的な上村莉菜さんのプロフィールをご紹介。ポンコツだけじゃなく、優しい姿や努力する姿も素敵な上村莉菜さんの性格や魅力など、プロフィールを徹底解説致します。

欅坂46上村莉菜ってどんな人?実家や出身地、性格などプロフィールをご紹介!

女性アイドルグループデビュー初週売り上げ歴代1位、ドラマ主演、デビュー8か月でNHK紅白歌合戦出場と2016年に大活躍を見せた欅坂46!

先輩グループである乃木坂46とともにアイドル界へ坂道旋風を巻き起こしました。

そんな現在大注目を浴びている欅坂46のメンバーから今回ご紹介するのは、長くて綺麗な黒髪と小柄で可愛らしい身長が特徴的な上村莉菜さんです。

可愛らしいルックスに加えて、欅坂46メンバーの中でもトップのポンコツっぷりを発揮している上村莉菜さんのプロフィールを含め、性格や魅力をふんだんにご紹介しちゃいます。

メンバーのことを気遣える優しさとひたむきに努力を続ける姿が素敵な彼女ですが、隠し切れないポンコツエピソードは日に日に増え続けていき、呼ばれていたあだ名が妖精からブハブハへ、そしてリナババアとも・・・!?

欅坂46上村莉菜のプロフィール

  • ニックネーム:りな、うえむー
  • 生年月日:1997年1月4日
  • 星座:やぎ座
  • 出身地:千葉県
  • 身長:152.5cm
  • 血液型:O型
  • 好きな食べ物:お菓子、パン
  • 趣味:アイドル番組視聴、サッカー観戦
  • 特技:トランペット、ピアノ
  • チャームポイント:ちょっと大きい黒目、ストレートで長い髪の毛
  • サイリウムカラー:ピンク×ピンク

下の名前の漢字が「莉奈」や「利菜」と間違えられることがたまにありますが、「莉菜」が正しい漢字となっており、本人のブログでは両方草かんむりがあるで覚えてくださいと書かれています。

見た目の幼さに反してメンバーの中でも年長者の部類に位置し、年代としては佐藤詩織さんと同じく上から2番目であり、生まれ月では4番目にお姉ちゃんの位置です。

身長はメンバーの中で一番小さく、2番目に身長が低い今泉佑唯さんと一緒に「ちび~ず」と名乗り、本人のブログなどでよくツーショット写真を載せています。

上村莉菜さんはお菓子やパンなどばかり食べている偏食気味の生活を送っており、白米は味がしないからという理由から嫌いで、食卓に出たらお父さんの器に乗せるほどらしいです。

上村莉菜の家族や実家での様子は?

上村莉菜さんの実家は神奈川県にあり、家族はお父さんとお母さん、お兄さんと妹に愛犬のショコラがいらっしゃいます。

家族での仲はとても良いみたいで、お正月には毎年家族でスキー旅行をすることが恒例となっているなどからも家族全体の距離の近さを感じられます。

両親は上村莉菜さんのことを溺愛されているみたいで、彼女が出演されている番組などは録画して夜中に見ていたり、1ページでも出ている雑誌は5冊ほど購入しておじいちゃんやおばあちゃんなど親戚の方へ配っていたりするくらいの親ばかっぷりを発揮しているようです。

上村莉菜の夢を支える家族愛

上村莉菜さんの家族は彼女の夢を全面的に応援しているようで、イベントにはちゃんと応募し、雑誌を何冊も購入するくらいなので、その応援への気合の入り込みはかなりのものであると推測できますね。

上村莉菜さんは高校3年生の時にアイドルへなりたいという憧れを抱いたらしく、その憧れと葛藤がありながらも大学へ進学した上村莉菜さんに、当時鳥居坂46(現欅坂46)のオーディションの存在を教えてくれたのはお母さんだったようです。

アイドルへの憧れを両親に正直に話せる環境とその夢を熱心に応援してくれる温かい家庭で育ったからこそ、上村莉菜さんの優しくて、面倒見が良い性格が出来上がったのかもしれませんね。

上村莉菜さんはどんな性格??

メンバーとの交流に積極的で打ち解けやすい

上村莉菜さんはあまり人見知りする性格ではないようで、オーディションでもそこで知り合った子たちと仲良くしていたそうです。

本人のブログやプロフィール紹介のインタビューでも、女の子に対してなら人見知りをしないと話していることから、同性との接し方はとても上手みたいです。

結成当初に行われた合宿では、人見知りしてしまってなかなか自ら話しかけに行けないメンバーが多い中で、上村莉菜さんはメンバー全員と話そうと決めていたなど積極的な姿勢を見せていました。

その性格もあってかメンバーとの馴染みもみんなの中で人一倍早かったようで、初期の本人のブログではメンバーと一緒に撮影している写真が数多く上げられていて、グループにいち早く溶け込むことが出来ていたようです。

実は年長メンバーの上村莉菜はグループでは優しいお姉さん!

幼い顔つきではありますが、実生活ではお姉さんでありメンバーの中でも年長組にあたるので、しっかりとお姉さんメンバーとして頼りにされている部分があります。

特に最初の頃のブログでまだグループとして馴染み切れてなかったみんなと積極的に2ショットを撮ったり、話しかけに行っている様はお姉さんメンバーならではでしょう。

現状アンダーメンバーとして活躍しているけやき坂46(ひながなけやき)のメンバーたちとも率先して話しかけ、本人のブログでも2ショット写真とともに紹介していたりして、けやき坂46の子たちはとても接しやすい先輩という印象を持ったそうです。

継続は力なりを体現する努力家

ダンスや勉強など苦手な部分が多く見られる上村莉菜さんですが、ポンコツと呼ばれるその裏ではたくさんの努力をしているようです。

ダンスも初期のころは未経験ということもあり、メンバーとのレベルの差がかなり開いていたのですが、彼女のたゆまぬ努力の結果、今では激しいダンスナンバーも足踏みそろえて踊りきるほどの成長を遂げています。

また、メンバーに劣っている部分が多いと感じていた上村莉菜さんは初期の頃に「ブログを頑張ろう」と心がけ、開設してから現在までずっと高い更新頻度を保ち続けております。

欅坂46冠番組『欅って、書けない?』において発表されたブログ更新ランキングでは、メンバーで第3位422件(2017年2月の収録時の順位)となり、しっかりと結果を残すことが出来ました。

上村莉菜さんは番組ではどうでもいいことを書いていると言っておりましたが、中身は濃いものが多く、欅坂46や各メンバーの情報なども多く、またメンバーとの触れ合いや画像なども人一倍多いので、ファンの方にとってはかなり充実した内容を更新されています。

呼び名とともにキャライメージが変化!

初期~千葉の妖精時代~

『欅って、書けない?』の初回放送で行われた自撮り紹介動画において、上村莉菜さんは「千葉の妖精」と呼ばれるようになります。

長髪真っ黒ストレートに前髪ぱっつん、童顔ならぬ幼顔、ふわふわして真っ白なワンピース、そしてバックにホワイトカラーの彼女の部屋という全体写真が映し出され、澤部佑さんは思わず「妖精か~」と声を漏らしたことから始まりました。

その儚げな雰囲気と独特の可愛らしさで、当初は「千葉の妖精」として親しまれることとなります。

中期~ブハブハ時代~

妖精として可愛がられていたのもつかの間、番組でスタジオに初登場した際の特技披露において、妖精としての扱いはすぐさま終わりを告げる事になります。

その特技が、上村莉菜さんのエピソードとして最も有名な一つ「トランペット」です。

動画での紹介はピアノだったのですが、スタジオではトランペットを披露することになり、ピアノがかなり上手だったことから期待の目で見られていたのですが、実際に吹いてみるとちゃんとした音が出ることはなく、マウスピースで口慣らしをするも「ブハブハ~」という音しか鳴ることはありませんでした。

しかし、呆れるどころか、このブハブハ音を気に入ったMCのお二人からは番組初期で何度もいじられることとなり、次第に「千葉の妖精」から「ブハブハ」へと変化をしていきます。

このトランペットはファンのブログなどでも大いに話題となり、その反響の大きさから欅坂46イベント「お見立て会」において自分のキャラを活かしてトランペットでの自己紹介を披露し、集まったファンの方たちから見事歓声を浴びておりました。

現在~リナババア~

徐々に「ブハブハ」としてもあまり呼ばれることがなくなり、ポンコツお姉さんキャラで親しまれていたのですが、2017年4月23日に放送された「メンバーのあだ名と関係性を整理しよう!」という回において、メンバーから呼ばれている驚きのあだ名が発覚します。

それが、志田愛佳さんから言われた「リナババア」です。

本人曰く、楽屋などで「ババアティッシュ取って」など完全にババア扱いを受けていることを話しております。

「リナババア」と呼ばれることとなった原因については、4thシングル「不協和音」のMV撮影で何度も繰り返しダンスをして撮影をしていたらしいのですが、その際に一人だけ疲れ果ててよれよれになりながら踊っていたことから始まったみたいです。

いつの間にかババア扱いされていることに驚きを隠せないMCのお二人は、「妖精も年を取るんだな」と時の流れを実感するようなコメントを残していました。

また、番組放送前にも志田愛佳さんのブログで「リナババア」というあだ名が登場しており、メンバー(特に志田愛佳さん)間ではすっかり定着をしているようで、そのワードを見たファンのブログやツイッターなどでは話題となっておりました。

圧倒的ポンコツ!!そこが癖になる!!

上村莉菜さんといえば、まず初めに浮かぶ言葉が「ポンコツ」の方が多いのではないでしょうか。

彼女のプロフィールともいえるポンコツエピソードをいくつかご紹介致します。

ポンコツの始まりはやはりトランペットによる「ブハブハ」

上村莉菜さんのポンコツエピソードとして最初に出てくるのは、やはり伝説のブハブハでしょう。

それまでの清楚でふわふわした、それこそ妖精としてのイメージを一変させるド級の出来事となりました。

特技として紹介していたはずのトランペットがまさかの吹けないという事態は、初期の欅坂46の出来事でもかなり大きな話題となりました。

しかし、このことがきっかけで上村莉菜さんのキャラが確立し、まだ目立たないメンバーが多い中で頭一つ抜きんでた注目を浴びる事となります。

圧倒的運動神経の無さ!!メンバーワースト1位!!

結成当初に行われた合宿では、上村莉菜さんの体の固さやダンスのセンスの無さが露見することとなってしまい、その不出来具合から運動神経があまり良くないのではと予想されていました。

そして『欅って、書けない?』で実施された体力測定では、メンバーの中でも断トツでひどい結果をたたき出し、見事期待を裏切らない記録を残します。

ファンのブログで、各種目を得点別に分け、メンバーごとにグラフで表した画像でも話題となります。

メンバー最下位の記録もいくつかある中で、ブリッジに関しては頭を上げる事が出来ず測定不可という記録まで作り出しています。

どこかしら秀でている部分が目立つメンバーが多い中で、唯一何の種目に対しても平均を大きく下回るグラフの中の面積の少なさに驚くファンの方は少なくありませんでした。

けやき坂46も交えた運動神経悪いキャラを決定した際にも案の定メンバーから選出され、バスケットボールのレイアップシュートで競われた競技では唯一得点を決めることが出来ず、欅坂グループ内でも安定した運動神経の悪さを見せつける事となります。

頭脳もしっかりポンコツ!卒業が率業?!

大方の予想通り、上村莉菜さんはあまり勉強も出来る方ではありません。

番組で実施された頭脳インテリ、ポンコツ選手権では21人中16位というギリギリワースト5位を抜け出す結果でしたが、5教科の内社会で0点を取ってしまいます。

ワースト1位の石森虹花さんでも0点教科が無かっただけに、メンバーの中でただ一人0点を取ってしまいました。

また、2016年度の書き初めにおいては「ポンコツ率業」と書かれた半紙を取り出し、スタジオをざわつかせます。

書かれた文字を見て、MCの土田晃之さんは思わず「まだまだ出来ない」と答えてしまったのですが、当の本人は間違いに指摘されるまで気づかず、「似てますよね?」と苦笑する結果となってしまいました。

まだまだポンコツエピソードが豊富!!

上村莉菜さんのポンコツエピソードは今もなお様々な場所で更新され続けております。

上記を交えて、その一部をまとめてみると

  • 特技のトランペットが吹けない
  • あまりの体の固さに前屈で貞子のようになってしまう
  • ダンスレッスンではセンスのなさでワンテンポずれる
  • よく転ぶため足のあざ、けがが絶えない(家を出て3秒で転んだことも)
  • 運動神経がかなり悪い(50m10秒10、ブリッジ測定不可(出来ない)、1000m7分38秒、走り高跳び60m(びり)、ソフトボール投げ10m20cm(びり))
  • ポンコツ女王決定戦で順当に決勝戦出場(決勝1回戦目で見事勝ち抜け)
  • ハンバーグに衣をつけて上村バーグ(メンチカツバーグ)なるものを発明
  • 欅坂46メンバーになるまで自分でちゃんとメイクが出来なかった
  • 卒業の卒という漢字が分からずポンコツ率業と書いてしまう
  • お風呂のドアを自分の肘で開けたことに気づかず、勝手に開いたと思い込み怖くなる
  • 新しい携帯のパスワード6桁を覚えられずロックが解除出来ない
  • 電車の進行方向によって前後ろが変わることを約20年知らなかった
  • ブログ下書き保存と下書き削除を多々間違え、長文の下書きを削除してしまう
  • 小学生がふざけ合っている横を通りがかろうとした時に、子供のパンチがよけられず見事腹パンを食らう
  • 2017年目標に「健康」を選ぶも、自身の誕生日前に風邪を引いてしまい新年3日目にしてまさかのダウン
  • 「不協和音」MV撮影でクルクル回るダンスで目を回し、正面ではなく右向きでポージングをしてしまう
  • 「W-KEYAKIZAKAの詩」MVで一人だけぴょんぴょんジャンプしてしまう

などなど、探せばまだまだたくさん出てくるかと思われます。

ポンコツと言われるメンバーが多いとされる欅坂46ですが、上村莉菜さんはその中でもかなりのポンコツの持ち主なようですね。

気になる握手会と今後の目標!

上村莉菜さんの握手会対応は評判はとても良いみたいで、人気もかなり高いです。

『お見立て会』で行われた欅坂46として初めての握手会では、メンバー人気ランキング2位を獲得していて、現在も完売を出していることからその人気が伺えます。

同性からの支持率もかなり高く、いわゆる女の子な可愛らしい服装や彼女の独特の雰囲気や印象に憧れる女性ファンの方がたくさんいらっしゃるみたいです。

上村莉菜さんは握手会に参加される方の顔を覚えていることが多く、名前をしっかりと覚えてくれているみたいです。

また、女性の方へは頭ポンポンをしていたり、彼女からハグをするアクションを見せていたりとかなりファンの方と距離を詰めて接してくれているみたいですね。

3rdシングル「二人セゾン」での上村莉菜さん歌唱部分である、「what did say now?」を一緒に歌うなど様々な楽しみ方があるみたいです。

また、握手会レポでは「ぴょんぴょん跳ねてた」という声がたくさんあり、楽しくなったり喜んだりするとすぐに体が動いちゃうみたいなところも可愛いと評判が良いようです。

男性、女性どちらからも人気があり、割とフランクな対応をしているみたいなので、初めての方も参加しやすいかもしれませんね。

努力と成長を感じる上村莉菜の今後の夢は?

オーディションを受けていた当時は高校を卒業していて大学1年生であったのですが、現在は大学を通っている印象がないため、欅坂46の活動に専念しているのではという声が多々あります。

オーディション合格当時は何にも出来ない状態であった上村莉菜さんでしたが、今ではダンスはメンバーと同じく踊りきることが出来、その努力の成果を発揮させています。

欅坂46に入る前までの夢は保育士だったらしいのですが、そんな彼女の現在の目標を答えたインタビューでは

――欅坂46に入ってくれたので、大丈夫です! では、今後、グループの中でやってみたいことは?

「ラジオかな~。私、そんなに話さないイメージがあるかもしれないんですけど、初めて握手会に来た方には『めっちゃ喋るね!』ってよく言われるんです。喋ることが大好きなので、私も『乃木のの』(乃木坂46のラジオ番組『乃木坂46の「の」』)のMCみたいなことをしてみたいです」。

(出典:HUSTLEPRESS

と答えていらっしゃいます。

2016年に行われた欅坂46のイベント「新春!おもてなし会」でも、尾関梨香さんとともに放送部としてメインの司会を務めていたこともあるので、MCなどお話するお仕事への憧れがあるようですね。

この時一緒に放送部として活躍した尾関梨香さんとは、その後も放送部コンビとして自他共に認める大親友であり、相方という関係性を気づいております。

そんな尾関梨香さんと2人で抱いている夢があると生誕祭の手紙で書かれていて、中身はまだ明らかにされていませんが、仲良しのコンビとしての仕事もチャレンジしてみたいそうですね。

また、欅坂46の楽曲に関しても彼女は自分の中でもっとやりたいイメージがあるようです。

雑誌などのインタビューでは1stシングル「サイレントマジョリティー」のカップリング「手を繋いで帰ろうか」や派生ユニット青空とMARRYによる「青空がちがう」などを好きな楽曲として挙げていて、可愛いダンスや笑顔で踊ることに憧れを持っていることも明かしています。

欅坂46といえば反抗的な楽曲のイメージが強いですが、可愛らしい楽曲自体もしっかりと存在するので、今後いわゆるアイドルらしい楽曲が欅坂46で新しくパフォーマンスされる際には、上村莉菜さんに一番に注目したいところです。

関連の記事はこちら

欅坂46上村莉菜の今後に期待が膨らむ!

今回は現在大人気アイドルグループである欅坂46から上村莉菜さんの出身地や性格などのプロフィールを解説させていただきました。

小柄な身長とふんわりした雰囲気で女性人気も高い上村莉菜さん。

可愛らしい見た目とアイドル界でもトップのポンコツスペックは見る者を飽きさせない魅力が備わってますね。

ポンコツエピソードが日々更新され続けていく中でも、初期の頃からは考えられないほどダンスが上達していき、自身初のフロントに立つ4thシングル「不協和音」では欅坂46史上最難関のダンスを踊りきって見せ、彼女の陰での相当な努力を感じさせてくれました。

デビューして1年が経った2017年はどのような活躍をされていくのか、今後の活動が大いに期待が膨らんでいきます。

フロントやユニット「FIVE CARDS」の経験、そしてこれからも新たなるポンコツっぷりを披露してくれる上村莉菜さんの今後の活躍に目が離せません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。