欅坂46 鈴本美愉のプロフィール♡性格・魅力・エピソードを徹底紹介!

女性アイドルデビューシングル売上歴代1位から始まり、ドラマ主演や紅白歌合戦出場と怒涛の勢いを見せつけた欅坂46.今回は1stシングルでフロントに立つ鈴本美愉さんのプロフィールをご紹介。欅坂46の中でもキレのある踊りと、ユニークなリアクションを披露する鈴本美愉さんの性格や魅力など、プロフィールを徹底解説致します。

欅坂46の鈴本美愉ってどんな人?身長や出身地、性格などプロフィールをご紹介!

女性アイドルデビュー初週売り上げ歴代1位、ドラマ主演、デビュー8か月でNHK紅白歌合戦出場と2016年に大活躍した欅坂46

先輩グループである乃木坂46とともにアイドル界に坂道旋風を巻き起こしました。

そんな現在大注目の欅坂46から今回ご紹介しますのは、激しいダンスとユニークなリアクションで人気を博している鈴本美愉さん!

小柄で愛らしい見た目とは裏腹に、欅坂46のメンバーの中でもひと際キレキレのダンスを披露する鈴本美愉さんのプロフィールを含め、性格や魅力をふんだんにご紹介しちゃいます。

鈴本美愉さんのキーワードはダンスにリアクションに………栗!?

欅坂46鈴本美愉のプロフィール

  • ニックネーム:みゆちゃん、すずもん、栗太郎
  • 生年月日:1997年12月5日生まれ
  • 星座:いて座
  • 出身地:愛知県
  • 身長:155cm
  • 血液型:AB型
  • 好きな食べ物:栗(おせちの栗きんとんを除く)
  • 趣味:料理、お菓子作り、踊ること
  • チャームポイント:小さい口、自然体の眉毛
  • サイリウムカラー:オレンジ×オレンジ(本人の希望は白×水色だったが、公式ペンライトのカラーに水色がないため変更した)

鈴本美愉の家族は?応募のきっかけは?

鈴本美愉さんの地元は愛知県の田舎の方にあるため、実家は周りが山に囲まれ空気がとても良いそうです。

家族構成はお父さん、お母さん、お姉さんと愛犬のバム(ミニチュアダックス)がいます。

「宝物は愛犬のバム君」と紹介するほど溺愛していて、本人のブログでたびたび写真が上げられている様子からも大きな愛を感じますね。

幼かった頃は家族への反発も多かったようで、欅坂46冠番組『欅って、書けない?』において母親との喧嘩で家出をし、庭で寝るなんていうエピソードも暴露されていました。

そんな鈴本美愉さんですが、鳥居坂46(現欅坂46)のオーディションの応募したきっかけは友達に誘われたことらしいです。

1次、2次と進んでいくたびに、自分がすごいところにいるのではと不安と焦りがあったそうですが、無事に鳥居坂46のオーディションで合格を手にします。

その後鳥居坂46から欅坂46に改名して活動していく中で、初期の並びや1stシングル「サイレントマジョリティー」3rdシングル「二人セゾン」ではフロントとして大抜擢されるなど大活躍をしております。

また、鈴本美愉さんはE-girlsの藤井萩花さんを憧れる人にあげており、ダンスだけでなくモデルなどでも活躍している様がカッコよくて憧れるそうです。

藤井荻花さんについてはこちらをどうぞ。

鈴本美愉が目指している夢とは

上京後すぐに実家が恋しくなりホームシックになってしまうなど、自身の出身地である愛知県が大好きな鈴本美愉さんはデビュー前のインタビューで夢について聞かれた際にこう答えております。

鈴本:欅坂46でコンサートツアーをして、名古屋公演(※出身が愛知県)に家族を呼びたいです。メンバーで名古屋のご飯を食べるのも目標の一つです。

(出典:modelpressより)

この発言からも、鈴本美愉さんがいかに家族のことや愛知県へ愛着を持っているかが読み取れる答えですね。

名古屋での握手会の際は、特に気合が入ってる様子も本人のブログから確認出来ます。

鈴本美愉はどんな性格?

結成したての頃は、髪を上げていたことなど見た目が強そうというイメージが先行し、「勝ち気そう」「ヤンキーっぽい」など欅坂46のファンのブログなどでは様々な憶測の声が上がっていました。

確かに、髪形や眼光の鋭さなど鈴本美愉さんの内面を知らないといろいろな印象が浮き出てしまうかもしれませんね。

しかし、そんな声とは全く違った姿が映し出されることとなります。

鈴本美愉はかなりの人見知り?「愛知コンビ」とは一体…。

鈴本美愉さんは自分の性格をかなりと人見知りと語っており、ファンの声にもあった強気なイメージをメンバーも同様に感じてしまうこともあって、最初の頃はメンバーのみんなとうまく馴染めなかったそうです。

初期の本人のブログで登場するのは出身地が同じ愛知県の平手友梨奈さんばかりで、どこへ行くにも二人一緒の仲良しペアでした。

その平手友梨奈さんも最初の頃はメンバーとうまく馴染めていなかったこともあり、ブログが始まった当初はお互いにツーショット写真を載せ合い続けた結果、いつの間にかこの二人のファンのブログ、ツイッターなどでは「愛知コンビ」という愛称が付くほど人気なペアとなりました。

今でも「愛知コンビ」の人気はかなり高く、お互いの生誕祭では手紙を読み合うなど、この二人の絆が確固たるものであると感じた会場では大きな感動が生まれ、欅坂46の歴史の中でも屈指の名場面であったと思うファンの方も多いのではないでしょうか。

そんな鈴本美愉さんも今ではみんなとの距離も縮まり、メンバーの守屋茜さんからは『欅って、書けない?』の大声企画の中で「鈴本の唇大好きだよ!」と叫ばれるなど周りからも愛される存在へと変化しております。

また、人見知りが激しいせいかその反動が強いようで、仲良くなりだすと大声ではしゃいでいたりすぐに抱き着いたりと、楽屋ではなかなかやんちゃな様子をメンバーのブログから伺うことができ、ファンの方はその姿と番組での姿のギャップに心を打たれることもあるそうです。

ダンスは欅坂46の中でもトップクラス!

鈴本美愉さんのプロフィールを語る上で欠かせないものといえば、魅力たっぷりのキレキレなダンスでしょう。

普段の鈴本美愉さんは大人しそうなイメージが強いですが、ライブやMVではクールな表情に一変し、その小さな身長全身フルで使った大迫力な踊りを披露し、その凄まじいオーラは目を見張るものがあるほど必見です。

2016年最初に行われた欅坂46イベント「新春!おもてなし会」ではダンス部として活動し、同じくダンス部の石森虹花、斎藤冬優花、土生瑞穂、平手友梨奈らと激しいダンスを披露しました。

また、2ndシングル「世界には愛しかない」のカップリングである「語るなら未来を・・・」ではMVの冒頭で踊る5人(ダンス部で一緒の石森虹花、斎藤冬優花、土生瑞穂に加え小林由依が参加)に抜擢されるなど、ファンの方からも運営スタッフさんからも一目置かれるほどの存在感を示しています。

欅坂46は全体的に激しいダンス楽曲で多いのでダンスが苦手なメンバーは苦戦を強いられる中、同じくダンスを得意とする齋藤冬優花さんと一緒にメンバーの中心となって、苦手な子を教えたり練習に付き合ったりと頼られる存在となっているようです。

また、『欅って、書けない?』でのワンマンライブ密着映像では、キャプテンである菅井友香さんも鈴本美愉さんが引っ張ってくれているなどと発言している様子からも、メンバーからのダンス面での信頼の厚さを感じますね。

「二人セゾン」でのマタドールは注目

鈴本美愉さんのダンスは最初の頃から注目されていましたが、ファンの間で一番話題を呼んだのは、おそらく3rdシングル「二人セゾン」のサビの振り付けにある「マタドール」ではないでしょうか。

ここでの「マタドール」とは、サビの途中で腕を思いっきり後方へ振り下ろす動きの際に、スカートの端も一緒に後ろへと翻し、スカートの裏地の赤いカラーの部分を見せつける動きのことです。

テレビで見る限りでは他のメンバーに比べて鈴本美愉さんのマタドールの成功率はとても高く、ファンのブログやまとめサイトなどでは改めて鈴本美愉さんのダンス技術の高さが注目を浴びました。

赤色が翻っている様子が、闘牛士の使う赤い布のようなイメージであったため、マタドールと名付けられたと思われます。

リアクションの素晴らしさは欅坂46メンバーでも断トツ!

番組の出演を重ねてカメラの存在にも慣れてきたのか、鈴本美愉さんのリアクションは日に日に大きく特徴的になっていき、最大の魅力であるダンスと肩を並べる、もしくはそれ以上に注目されていきます。

その面白さは番組スタッフさんも目を付けていたようで、『欅って、書けない?』内の企画では鈴本美愉さんのリアクションによる顔芸コレクションなるものが放映され、スタジオでは大爆笑が起きました。

欅坂46冠番組『KEYABINGO!』でも番組内でのプロフィールには「表情豊かな百面相」、また同番組続編『KEYABINGO!2』では「変顔キューティー」と紹介され、世間では鈴本美愉=(リアクションでの)変顔のイメージが強く根付いてしまうことに…。

番組予告でも、鈴本美愉さんのリアクション顔が映されることも多く、その度に放送への期待が膨らむファンの方もたくさんいらっしゃるみたいですよ。

ぜひとも、これからの番組内やイベントなどでの鈴本美愉さんの表情にご注目してみてください。

愛称は栗太郎!?とにかく栗が大好き!

鈴本美愉さんを語る上でダンスとリアクションとともに最も欠かせないもの、それは本人の大好物である「栗」です。

本人のブログやプロフィールなど様々な場所で栗が大好物であることを公言しており、『欅って、書けない?』での自撮り動画での自己紹介では、「私=栗みたいな感じで覚えてください」発言やキャッチフレーズに「田舎育ちの栗娘」と書いていたこともあり、同番組のMC 土田晃之さんと澤部佑さん、また視聴者の方に栗のイメージを植え付けることに成功します。

栗のインパクトが強すぎたために、MCのお二方からは「栗太郎」と呼ばれ始め、ファンの間でもその愛称は大人気で、ファンのブログやツイッターなどで好んで使用する方がたくさん現れました。

栗という単語を聞いた瞬間、一気にハイテンションへ!

『欅って、書けない?』で放送されたメンバーの楽屋を隠し撮りでは、平手友梨奈が「お土産に栗の和菓子を買ってきたよー」と言った途端に顔色が激変。

他のメンバーが普通の反応を示している中、一人でハイテンションとなり大騒ぎしている場面が映し出されました。

この後も「だれかいらない人いないかなー?いないかなー?」と譲れと言わんばかりに大声で周りに尋ねだし、「私いらないよー」という声が上がった瞬間に「やったーー!」と大喜びする姿が映し出されました。

ただのキャラ付のための設定ではなく、本心から純粋に栗が大好きなんだということが判明し、栗キャラをより印象付ける結果となります。

大々々々好物な栗であったが…。

なんと鈴本美愉さんはおせちに入っている栗きんとんだけは食べられないみたいです。

本人曰く、おせちの栗きんとんは味があまりしないから、ということらしいです。

おせちの栗きんとんはダメなようですが、和菓子の栗きんとんはかなりの大好物らしいですよ。

また数ある栗の料理の中でも最も好きなのは天津甘栗らしく、理由は栗本来の味わいを感じられるからなんだとか。

2017年鈴本美愉の目標とは

『欅って、書けない?』による2017年の抱負を書き初めにするという企画で、鈴本美愉さんは「美」の一文字を書き上げております。

2016年から2年連続で新年の目標に「美」の文字を選んでいて、本人曰く、名前(美愉)に美という文字があるのに、私はまだまだ足りないていないからだそうです。

またMC である澤部佑さんから「充分キレイよ」とフォローされるも、「私のこと何も知らないと思う・・・」とバッサリ一言で斬ってしまう結果になり、スタジオで笑いが起きるも澤部佑さんは少しがっかりした様子が映されていました。

どんな場面でもしっかりと周りに笑いを沸かすことが出来る鈴本美愉さんのリアクションは、流石の一言に尽きますね。

「美」な姿が注目を浴びている鈴本美愉の握手会

「美」に対してストイックな印象が強い鈴本美愉さんですが、握手会などのイベントでは髪形や服装に趣向を凝らして参加しているようです。

写真のような湯上り風や猫ミミ風の髪形、さらには浴衣やチャイナ服など様々な恰好を披露しているようで、ファンの方はバラエティに富んだ鈴本美愉さんを見ることを楽しみにしているようです。

本人のブログでもその時の姿を上げている姿が時折ありますので、ぜひともチェックしてみてください。

また、鈴本美愉さんとの握手会に参加する上での最大の見どころは、やはり握手の最中に見せるリアクションではないでしょうか。

鈴本美愉さんとの握手会に参加したファンの方からは「すずもんの大きなリアクションからの満面の笑顔が可愛かったな」などの声が上がるように、本人の笑顔と可愛さに癒されながらも、特有のリアクションを楽しんでいる方がいらっしゃるようです。

関連おすすめの記事はこちら

欅坂46鈴本美愉のこれからに期待が膨らむ!

今回は現在大人気のアイドルグループである欅坂46から、鈴本美愉さんのプロフィールを解説させていただきました。

初期の大人しかったころから比べると、ライブやテレビ番組などでの活躍が多々見られるようなるほど成長した鈴本美愉さん。

抜きんでたダンススキルで欅坂46のメンバーを引っ張る反面、テレビ番組などでの面白いリアクションでファンの方の心を掴むなど、カッコいいと可愛いの両面の魅力を併せ持つ鈴本美愉さんに目が離せませんね。

デビューして1年が経った2017年はどのような活躍をされていくのか、今後の活動に期待が大いに膨らんでいきます。

また、自身の目標にもあった出身地である愛知県でのコンサートが叶うよう、ファンの方ともども応援していきたいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。