欅坂46尾関梨香!乃木坂46生田絵梨花にそっくり?!臥薪嘗胆、尾関スタイルとは…?かわいい画像つき!

女性アイドルデビューシングル売上歴代1位から始まり、ドラマ主演や紅白歌合戦出場と怒涛の勢いを見せつけた欅坂46。今回は圧倒的な独自のスタイルを確立した、尾関梨香さんのプロフィールをご紹介。尾関スタイルだけじゃない、素敵なエピソードが多数語られている尾関梨香さんの性格や魅力など、プロフィールを徹底解説致します。

欅坂46尾関梨香ってどんな人??身長や出身地、性格などプロフィールをご紹介!

女性アイドルグループデビュー初週売り上げ歴代1位、ドラマ主演、デビュー8か月でNHK紅白歌合戦出場と2016年に大活躍を見せた欅坂46!

先輩グループである乃木坂46とともにアイドル界へ坂道旋風を巻き起こしました。

そんな現在大注目を浴びている欅坂46のメンバーから今回ご紹介するのは、奇妙な走りや動きから生まれた魅力満載な尾関スタイルの創始者、尾関梨香さんです。

独自のスタイルから繰り出される言動や行動はまさに唯一無二!そんな尾関梨香さんのプロフィールを含め、性格や魅力をふんだんにご紹介しちゃいます。

実はダンスに大学受験、ダイエットなど様々なことを陰で努力し続けるひたむきな姿勢を持っている彼女ですが、どうしても出てくる尾関スタイルはやはり彼女が持つ最大で最高の魅力ではないでしょうか。

しかし、尾関梨香さんにとって武器である尾関スタイルに対して葛藤が生まれてしまう時もあったようです…。

欅坂46尾関梨香のプロフィール

  • ニックネーム:尾関、おぜちゃん、おぜきち、おりか
  • 生年月日:1997年10月7日
  • 星座:てんびん座
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:155cm
  • 血液型:O型
  • 好きな食べ物:チーズ
  • 趣味:グルメ調査
  • 特技:書道
  • チャームポイント:目が大きい、耳が横に広がっている
  • サイリウムカラー:黄色×白

尾関梨香の実家や家族での様子は?

尾関梨香さんの実家は神奈川県にあり、家族はお父さんとお母さん、お兄さんにお姉さんと愛犬のメロンがいらっしゃいます。

家族との仲はとても良好なようで、本人のブログでもたびたび家族とのエピソードが登場します。

また、尾関梨香さんは家族から愛情いっぱいに育てられているようで、デビュー前に行われた緊急告知握手会では家族が総出で参加しに来るほど娘の事を気にかけていらっしゃるようです。

お母さんにはよく怒られているようで、2017年の新年のブログでは冷蔵庫に「食べるな」との文字と怒りマークが書かれた紙が張られていたり、欅坂46冠番組『欅って、書けない?』で行われた尾関家とのスタジオとの生電話でも、お風呂をびしょびしょのまま出てくることについて叱っている様子もありました。

しかし、そんなお母さんも尾関梨香さんのためにコンビニを5軒ほど巡って買い物したりするエピソードなどもあり、些細な話しからも彼女が家族から愛されて育てられていることが伝わります。

お姉ちゃんと大の仲良しで尾関梨香を支える大事な存在

尾関梨香さんの最大の心の支えとなっている人物が、彼女のお姉さんでしょう。

基本的に家族全員と仲良しな関係ですが、お姉さんとは特に親しいようで、一緒に出掛けに行ったり大学の勉強をしたりと2人で過ごすことが多いことが本人のブログから確認出来ます。

尾関梨香さんの宝物はお姉さんからいただいたネックレスで、このネックレスはお姉さんがオーディションに合格出来るようにと徹夜で手作りしたものらしく、お姉さんからどれだけ溺愛されているかが分かりますね。

そのあとも合格祝いでご飯へ連れて行ってもらったり、落ち込んでいる時にはプレゼントとともに励ましの言葉を送ったりなど、姉妹の仲の良さは本人のブログやインタビューなど様々な場所で話されています。

また、喧嘩して落ち込んでいる様子や仲直り出来たことで喜んでいることなど、お姉さんとあった出来事で一喜一憂している姿も本人のブログから確認でき、いかにお姉さんのことを大切に思っているか伝わってきます。

尾関梨香はどんな性格??

尾関梨香さんの根底にあるものは「どうにかなるだろう精神」らしく、何をやっても中途半端にしか身につかなかったことが多かったことから、そのように考えるようになったようです。

一度は「本当にどうにかなるんだろうか?」と考えを持つも、やはり「どうにかなるだろう精神」は捨てない彼女は、相当なお気楽な性格の持ち主かと思われる方も多いと思います。

そんな楽観的なイメージがある尾関梨香さんはどのような性格をしているか、プロフィール紹介します。

お調子者な姿が可愛らしい!

尾関梨香さんはメンバーのムードメーカー的存在であり、お調子者な一面があるようです。

『欅って、書けない?』で放送された結成直後の合宿では、まだカメラやメンバー間でよそよそしさが目立つ中で、唯一カメラに物怖じせず寄って行ったり明るい性格なところを見せています。

また、尾関梨香さんは番組で海外ロケに行くことを希望しているのですが、そのロケでのお土産を番組で支払ってもらいたいなどちゃっかりとお願いをしちゃっているあたり、お調子者ぶりが出ていますね。

メンバーへの気遣いが素晴らしい!心配で涙する姿も…

お調子者である尾関梨香さんですが、誰よりもメンバーのことを気にかけている優しい子でもあります。

はっちゃけていたように見える合宿でも、自己紹介では寮に入るメンバーのことを気にかけてしまうあまり泣き出しまい、「なんかあったら話しはいつでも聞くんで」と優しく声掛けをしています。

しかし、この姿はファンのブログなどでも感動を生み出し、今では彼女の優しさが表れている素敵なエピソードとなっております。

他にも体力測定で高跳びが中々飛べなくて泣き出してしまった原田葵さんに対して、すぐに寄り添って慰めてあげたりなどたくさんの場面で彼女の優しい性格が映し出されております。

他にも、生電話で家族が恋しくなって泣き出した今泉佑唯さんにつられてもらい泣きしてしまったり、父親から付けられたあだ名に不満げな鈴本美愉さんへすぐさまフォローを入れたり、すぐに周りへの気遣いが出来る彼女はメンバーの中でもかなりの優しさを持っているのではないでしょうか。

欅坂46の「謙虚・優しさ・絆」を体現する存在との呼び声も

メンバーのことを1番に考えて行動をする尾関梨香さんのことを、欅坂46が出演前にする掛け声「謙虚・優しさ・絆」の体現者というファンの声はたびたび見かけることがあります。

馴染めていないメンバーに手を添える優しさ

年下メンバーの原田葵さんも、年上メンバーに対して敬語を使っていた時期があったらしいのですが、それに対して尾関梨香さんが「次敬語使ったら100円」と言って止めさせて、メンバーたちとの距離を縮めるさせることに成功します。

特例で途中加入したけやき坂46(ひながなけやき)兼任の長濱ねるさんに対しても、みんなが接し方に戸惑っている中、尾関梨香さんは自ら話しかけに行き、「敬語やめて、タメ口でいいんだよ」と何度も注意してフランクな関係を作ろうとしていました。

まだメンバーへ気を使ってしまいがちな原田葵さんと馴染み切れていない長濱ねるさんがもっと慣れてくれたらいいなという動機から、この2人を連れて3人でクリスマスにスカイツリーへ遊びに行ったエピソードがあり、そこから長濱ねるさんはタメ口で話してくれるようになったそうです。

現在のようにメンバーとおふざけ出来るようになったのも、尾関梨香さんが2人ともっと仲良くなって馴染んでいこうという行動があったからかもしれませんね。

メンバーのありのまま受け止める素敵な姿勢

他にも、初期の頃から仲良しだった志田愛佳さんとは一度衝突してしまい、お互いにあたってしまう時期があったことを欅坂46冠番組『KEYABINGO!』のコーナーKEYAROOMにおいて尾関梨香さんの手紙から明かされました。

その手紙では「志田は溜め込んでしまうところがあるから心配」「ストレス発散したくなったら、私で発散していいからね。人からどう見られるかを気にする志田だけど、そこが志田らしいからそのままでいてね」と書かれており、手紙をもらった志田愛佳さんの目からは涙が流れてしまいます。

打ち明けてねとかいう安易な言葉ではなく、私で発散していいからねという不器用ながらに優しい言葉に尾関梨香さんとしての魅力が詰まっているように感じます。

メンバーを支え続ける縁の下の力持ち

デビュー前イベント「新春!おもてなし会」では上村莉菜さんと放送部として一緒に司会をし、そこから大親友であり相方という関係となりました。

仲良しである上村莉菜さんは、2ndシングル「世界には愛しかない」のフォーメーション発表後、自身が変わらず3列目であったこと、そして3列目メンバーが誰一人前へ動くことが出来なかった結果に涙してしまいます。

そんな彼女に対し、尾関梨香さんは「りな!うちらシンメだよ!いっしょにがんばろ!」と声をかけ、励ましたエピソードはファンの間でも有名ではないでしょうか。

この時尾関梨香さんは2列目から3列目に唯一下がっており、彼女もまたかなり辛い思いをしているにも関わらず、自分よりも他人の気持ちを優先した彼女の優しさに感動した方も多かったようです。

また、自分の2列目のポジションに当時けやき坂46から兼任になった長濱ねるさんがついたことへも、21人選抜であったことを何よりも喜び、自分でよければなんでも言ってとエールの言葉を送っています。

彼女のメンバーを優先する気持ちはとても健気で優しさに溢れているのですが、時にもっと自分を優先してという声が上がるほどでもあり、番組MCの土田晃之さんも「まわりを気にしすぎず、もっと自分を出していけばいいと思います。」と彼女の印象を答えていました。

最近ではメンバーがはまっているツムツムを、みんなにハートを送るためだけにインストールしたということを上村莉菜さんのブログにおいて書かれており、尾関梨香さんのメンバーへの思いやりのエピソードが尽きることはありません。

欅坂46尾関梨香は乃木坂46生田絵梨花にそっくり?


欅坂46尾関梨香さんは、乃木坂46のメンバー生田絵梨花さんにそっくりと言われています。特に、目元や口元、写真を撮る時の笑顔が似ていると評判です。

実は尾関梨香さんは、生田絵梨花さんを尊敬していて、生田絵梨花さんのグッズも開けずに大事に保管していると公言しています。憧れの生田絵梨花さんを意識して、髪型や前髪を作っているのかもしれませんね!

これからも尊敬する生田絵梨花さんに近づいていくであろう尾関梨香さんの成長が楽しみです。

圧倒的存在感!尾関スタイル創設者!

尾関梨香さんを紹介する上で欠かせないものといえば、やはり彼女特有の「尾関スタイル」でしょう。

個性的という言葉を越えて、彼女の動きや言動、リアクションなどその全てが尾関スタイルという言葉に集約されております。

今なお新たな姿を見せ続け、楽しませてくれる尾関スタイルについては言葉で説明しきれませんが簡単にご紹介させていただきます。

尾関スタイルはあの伝説の走りから始まった

尾関スタイルと呼ばることとなったのは、『欅って、書けない?』において行われた体力測定での彼女の走り方があまりにも変であったことから始まりました。

もともと一番最初のプロフィール欄でも自分で「走り方が変」と書いていたことでMCの土田晃之さんも注目していたのですが、予想を超えた変な走りに思わずMC2人が「尾関スタイル」と言い放ったことから、彼女のキャラが確立され一気に浸透されます。

尾関スタイルの走り方は今なお健在で、『KEYABINGO!』や楽曲のMVでもあの走り方を披露しており、さらには3rdシングル「二人セゾン」ジャケット写真の走っている姿ですら尾関スタイルが確認でき、ファンのブログなどで大きく話題を呼びました。

4thシングル「不協和音」のMV撮影時には、スタッフさんから走り方の指導が入るなど尾関スタイルによって斬新な話題を提供してくれてます。

しかし、この走りの特性によって『FNS音楽祭』のアイドルコラボではももいろクローバーZの「走れ」選抜に選ばれるなど、仕事に繋がってもいるので彼女の強みであることには間違いありません。

また、2016年の秋に渡辺梨加さんとの50m走で勝負をするのですが、そこではゴール間際にいつもの横揺れに手足バタつきを加えた尾関ニュースタイルなるものも生み出し、進化した姿を見せてくれました。

尾関スタイル~動き~

走り方からお察しできますが、やはり彼女の動きはそのものがとても独特で奇妙であります。

例えば走り高跳びはまるでダイビングボディプレスのようになり、フラフープは腰ではなく全身を使って回るなどその奇抜な動きは常人を遥かに超えているようです。

『欅って、書けない?』のポンコツ女王決定性で行われた、だるまさんの一日(指定されたポーズで停止する遊び)でもそのユニークさをいかんなく発揮し、周りと一味違うポーズを披露してくれました。

他にも欅坂46主演ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』でもその動きの奇妙さは目立ち、特に椅子からの横へ飛び出すシーンが正にカエルジャンプのようで、放送当時ファンのブログやツイッターでも大きな反響を呼んでいます。

尾関スタイル~言動~

尾関スタイルと評されているのは、奇妙な動きだけではなくその独特な言動もあります。

お年玉ほしいがために大分の実家へ帰省したと明かした後に、お金のことを「ちゃりーん」と表現するなど尾関梨香さんならではのトークを披露します。

他にも、グルメレポートの練習として行われたロケした質問も、お店が出来てどれくらいかを尋ねたつもりだったのでしょうが、彼女がした質問は「このお店って紀元前何世紀くらいにできたんですか?」と尾関スタイル全開となってしまいました。

尾関スタイル~リアクション~

富士急ロケで行われた絶叫コースターFUJIYAMAにおいてのリアクションも、まさに尾関スタイルを広げる要因となります。

乗る前までは普通に怖がっていただけなのですが、いざ乗車し加速しだすと、アイドルらしからぬ表情を見せ、風の影響からか尾関梨香さんの口から大量のよだれが溢れ出す斬新なリアクションを披露しました。

このリアクションにはベテラン芸人の土田晃之さんも関心し、「たけし軍団も嫉妬してるよ」と彼女のリアクションをべた褒めしております。

最近では、織田奈那さんが大好きな小林由依さんへ凶行に出た瞬間のリアクションも周りが口に手を当て引く様子であったのに対して、両手の甲を頬につけてY字型のような体勢になるなど彼女ならではのリアクションを見せつけております。

尾関スタイル~演技、モノマネ~

尾関梨香さんは、演技やモノマネにおいても独創的な尾関スタイル披露しました。

『欅って、書けない?』で福田彩乃さんをゲストに迎えて行われたモノマネ選手権では、長澤まさみさんの笑ったもの前を披露するのですが、そのあまりの問題作に笑いを通り越して悲鳴が巻き起こります。

このシーンはファンの間でもかなりの話題を呼び、尾関スタイル健在っぷりを見せつけました。

そのあとに行われた演技力チェックでは、「学校中を徘徊する」を「学校中を崩壊する」とついつい言い間違えてしまい、スタジオでは大爆笑となり、演技中の本人もうっかりにやけてしまう姿が放送されてしまいます。

そのあとの幽霊を見て驚くシーンでは、まるでモノマネ選手権で行われた長澤まさみさんのモノマネのような怖がる演技を披露し、尾関梨香さんの演技中は笑いの声が絶えませんでした。

尾関スタイル~ファッション~

尾関梨香さんはファッションセンスがメンバーの中でもかなり悪いことでも有名です。

過去に行われたファッションチェックでは、その服装の奇抜さに広海さん深海さんから「柄オン柄が震える」と評価されてしまうことに。

靴は新品であるのに使い古されたものという印象を持たれてしまったり、メンバーからは靴下まで柄ものでダサいと全身のファッションセンスの無さを暴露されてしまいます。

ファッションセンスの無さといえば織田奈那さんや米谷奈々未さんが断トツでしたが、最近お二人はおしゃれになってきたようで、現在の欅坂46で私服ださいメンバーでは尾関梨香さんが真っ先に名が上がるようになってしまいました。

尾関スタイル~料理~

尾関梨香さんで有名な場面といえば、料理チェックで披露したアジフライならぬサバフライではないでしょうか。

メンバーの料理の腕をチェックする企画で、尾関梨香さんのお題はアジフライだったのですが、そもそも彼女はアジがどれか分からず並んでいた魚からサバを選択してしまいます。

あまりの大きさの違和感に土田晃之さんも「それで合ってます?」と確認を入れたのですが、「大丈夫です!」と即答し、謎の自信を持っていました。

そして調理ではサバを生のまま骨を取り除く荒業に出て、のこぎりのように包丁を扱っていたり、サバの上にバットを置いて粉を練っていたり特殊な料理の腕を披露しております。

最近では自炊にはまっていると本人のブログで明かしておりましたが、その自炊も作るのではなく、冷蔵庫にあるお母さんが作ってくれたのをお弁当箱に移し替える作業という内容で、すかさずファンのブログ、ツイッターなどで突っ込みを入れられておりました。

尾関スタイル~幼少期~

尾関スタイルの歩みは幼少期の頃から始まっており、2歳で全く髪が生えていなかったりと昔の写真からも彼女の面白さがにじみ出ております。

そんな尾関梨香さんですが、自分ヒストリーのコーナーにて習字、ダンス、ピアノ、水泳、体操、造形教室とたくさんの習い事をしていたことを明かしますが、習字以外はどれも上達せず、水泳に関しては4年間学ぶも蹴伸びしかできなかったようです。

小学校2年生から5年生まで学んでいた水泳ですが、教室へ通っていたわけではなく、おばあちゃんがアルバイト先で捕まえた体育大学生をコーチとして拾ってきて教えてもらっていたそうです。

ピアノも6年間学ぶも「ねこふんじゃった」くらいまでしか弾けなかったようで、小さいころから尾関スタイルを匂わせるエピソードを披露しています。

尾関スタイル~写真~

狙ってか狙わずか、尾関梨香さんは写真でも尾関スタイルを見せつけてくれております。

写真に写りこむ姿でさえも尾関スタイルとファンのブログなどで話題に上がりましたが、これこそが尾関梨香さんであると感じる方も多いようで、「尾関梨香を伝えている1枚な気がする」という声もあります。

尾関スタイルを封印?!尾関梨香の自身への葛藤も…

尾関スタイルを築き上げて見事人気者となった尾関梨香さんですが、やりすぎているのではという葛藤が本人にはあるみたいです。

本来あまり前へ出るタイプではないと本人のブログなどでも話しているので、注目されるのは得意ではないのかもしれませんね。

もともとアイドル好きだったこともあり、自分が持っていたアイドル像と自分がかけ離れていたことを感じたのか、2016年下半期には坂道らしい清楚を目指して、尾関スタイルを封印することを目標に掲げておりました。

尾関スタイルを求められていること、それが最初の結果に繋がっていたことも本人は自覚していたことでより葛藤が生まれてしまったようです。

しかし、生誕祭や3rdシングル「二人セゾン」のフォーメーション発表後の本人のブログにて、「もう迷わない。とにかくがむしゃらにやってやる。」と気持ちを新たに決意表明しており、自分の持ち味を消すのではなく、ありのままもう一度スタートすることを書かれております。

気になる尾関梨香の握手会と今後の目標

「お見立て会」で行われた欅坂46初の握手会では人気ランキング6位と好調な順位を叩き出し、それから少し伸び悩みを見せはするものの、安定した人気を誇っており、全完売へ近づいてきております。

メンバー想いで有名な彼女ですが、握手会でのファン対応もその優しさに満ち溢れた対応が話題を呼んでおります。

9月11日に行われた握手会において、車椅子の人との握手の際には、コンクリートに膝立ちとなって笑顔で握手をしている姿に「思わず涙目に。しゃがんで握手する話はあったけど膝立ちで握手する彼女の姿を間近で見て益々尾関ちゃんが好きになった」と感動したファンの方もたくさんいらっしゃったそうです。

また尾関梨香さんの握手会での様子でも、尾関スタイルと話題となりました。

両手で握手している様子ですが、握手というよりは手首を掴まれてまるで宇宙人にさらわれているようだとまとめサイトやファンのブログなどでも話題となり、いつでもぶれない姿に流石尾関スタイルという賞賛の声もありました。

尾関梨香の今後の目標は?

尾関梨香さんは高校3年生の時に欅坂46へ加入し、その後大学受験しながらアイドル活動も行っておりました。

番組での様子とは一転して、本人のひたむきな努力が実を結び、見事現役で大学受験を合格し、2017年現在は進級も無事に出来たようなので大学2年生として学業、アイドルを両立させております。

そんな彼女が結成当初のプロフィールで書いていた夢は、まさかの車の営業マンでした。

お父さんの影響で車好きになり、実家の車がぼろいことからTOYOTAのクラウンマジェスタへ憧れを持っていて、自分でも高級車を販売したいという目標から夢を持つようになったそうです。

また、営業は商品はもちろん、人で売買が決まるところがあるのも魅力的だったそうなので、このころから人との繋がりや絆などに重点を置いていたようですね。

欅坂46として活動していく中で見つけた目標では、「バラエティ番組でもっとはしゃぎたい!」「動きでまわりを驚かせたい」と雑誌『FLASHスペシャル』のインタビューにおいて答えています。

尾関梨香さんが持っていたアイドル像と自分のアイドルとしての活動のギャップに悩みが尽きなかったようですが、現在では迷いを断ち切って尾関スタイルとしてオリジナルで新しいアイドルを見せてくれそうですね。

誰からも好まれる優しい性格の持ち主なので、周りと支え合いながら彼女ならではのカラーを見せ続けてくれることに期待です。

関連の記事はこちら

欅坂46尾関梨香の今後に期待が膨らむ!

今回は現在大人気アイドルグループである欅坂46から尾関梨香さんの出身地や性格などのプロフィールを解説させていただきました。

個性という言葉の範囲で収めることが出来ないほどの圧倒的尾関スタイルを貫く、尾関梨香さん。

独特な言動や行動に奇妙な動き、斜め上のさらに斜め上をいく思考を持ち合わせている彼女ですが、その内面に秘めているのはメンバーのことを誰よりも考え、誰よりも思いやる優しい心と、みんなより一歩遅れることがありつつもひたむきに努力を続ける強い意志を持ち合わせている姿がとても魅力的です。

1stシングルで2列目を経験するも、その後3作連続で3列目という結果に落ち込むこともありますが、それ以上に自分のポジションでの使命、そしてなによりも、周りのメンバーを支えることについて考えてしまう姿勢はまさしく「謙虚・優しさ・絆」を体現しているのではないでしょうか。

5thではフロントなのではと予想される声が大きいですが、デビューして1年が経った2017年はどのような活躍をされていくのか、今後の活動が大いに期待が膨らんでいきます。

どんなカラーにも染まることのない、唯一無二の尾関スタイルという最大の魅力を飽きなく見せ続けてくれる尾関梨香さんの今後の活躍に目が離せません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。