11年の歴史を持つアイドル養成所「ハロプロ研修生」の歴史とは?

ハロプロに「研修生」という制度ができたのは2004年4月のこと。11年近くの歴史があります。

もともとは「ハロプロ研修生」ではなく、「ハロプロエッグ」と呼ばれていたこの制度。文字通り、アイドルの卵を一人前のアイドルに育て上げることを主な目的として活動しています。

今回はハロプロ研修生の歴史を紹介します。

2004年~ ハロプロ研修生の始まり

ハロプロ研修生の始まりは2004年。

テレビ東京系の番組「ハロー!モーニング。」で、オーディション開催が告知されました。オーディションには10,570名が応募しました。

2004日8月にはオーディションの結果発表が行われ、合計32人がハロプロエッグに合格しました。そして、合格者の1人である岡田唯は美勇伝での活動を開始しました。

2006年~ 有原栞菜がハロプロ研修生から℃-uteへ加入

2006年1月、ハロプロエッグとして活動していた有原栞菜が℃-uteに8人目のメンバーとして加入することが決まりました。

それに伴い、有原栞菜がそれまで活動していたともいき・木を植えたいには、新メンバーとして森咲樹が加入。

2007年1月にはTHE ポッシボーがハロー!コンサート初参加。そして同年10月には、THE ポッシボーはハロプロから卒業しました。

2008年~ ハロプロ研修生からのユニット、しゅごキャラエッグ!がCDデビュー

2008年9月、しゅごキャラエッグ!の結成が発表され、同年12月にはデビューシングル「みんなのたまご」をリリースしました。

2010年にはS/mileageがハロプロエッグを卒業し、正式にハロプロのメンバーとなりました。

2010年11月には、事実上最後の新人公演が行われ、それ以降ハロプロエッグの公演は「生タマゴshow!」と呼ばれるようになりました。

2011年~ ハロプロ研修生の譜久村聖がモーニング娘。に加入

2011年1月には、ハロプロ研修生として活動していた譜久村聖がモーニング娘。に正式に加入しました。

同年9月には工藤遥がモーニング娘。に加入。

さらに2012年9月には、小田さくらモーニング娘。に加入と、ハロプロ研修生からのモー娘。加入が続きました。

ハロプロの他のオススメ記事

元ハロプロ研修生たちの成長ぶりを見るなら、ライブに行くのが一番!

ハロプロ研究生の歴史、お楽しみいただけたでしょうか?研修生から正式加入を果たしたメンバーたちの成長した姿を見るならば、ライブに行くのが一番です。チケットキャンプではハロプロの各グループのチケットを取り扱っています。チケットが入手できなくて困っている方は、チケットキャンプを利用してみるのがおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。