BABYMETAL初の武道館の新作ライブCDが激アツ!

2010年にアイドルとメタルの融合をテーマにYUI-METAL・SU-METAL・MOA-METALの3人で結成され、今やヘヴィメタル界では日本より世界的に有名なアイドルメタルユニットとなったBABYMETAL

彼女達はへヴィメタルがまだまだ浸透していない日本より先に海外で凄まじい注目を集めていましたよね。1stアルバム「BABYMETAL」は米ビルボード総合チャートにも日本人最年少でランクインし欧米を巡るワールドツアーも大成功。更にレディーガガの北米ツアーの前座まで務めるようになり日本でも知名度がアップしました。

驚くべきスピードで世界的なスターダムを駆け上がっているBABYMETALですが、2015年1月7日(土)に初の日本武道館公演が収録された1stライブアルバム「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」が発売されました。

今回はこのBABYMETAL「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」の魅力に迫っていきたいと思います!

BABYMETAL1stライブCD「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」とは?

「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」は2015年1月7日(土)に発売されたBABYMETAL初のライブアルバムで、彼女達にとって初めての日本武道館でのワンマンライブ2daysの内1日目の音源が収録されています。

ライブでは1stアルバム「BABYMETAL」の全13曲がBABYMETALの3人とバックミュージシャンにより再現されています。BABYMETALのバックミュージシャンはキツネの化身として召還される凄腕ミュージシャン達で“神バンド”と呼ばれ、日本屈指の実力を持っていると言っても過言ではないほどの圧倒的な演奏技術をまざまざと見せ付けてくれます。

マスタリングは本家グラミー賞も獲得した大物マスタリング・エンジニアのテッド・ジェンセンが担当しています。

ちなみに初回限定盤には英パワーメタルバンドのドラゴンフォースのサム・トットマンとハーマン・リがレコーディングに参加した「Road of Resistance」がダウンロードできるフォト・ミュージックカードが封入されていて、配信盤を購入すると最初からボーナス・トラックとして14曲目に収録されています。

BABYMETAL1stライブCD「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」が米ビルボードにランクイン!

なんと「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」が2015年1月24日(土)付の米ビルボードWorld Albums部門と2015年1月19日(月)付のビルボードジャパンで共に3位にランクインしました!ちなみに1stアルバム「BABYMETAL」は発売当時には米ビルボードWorld Albums部門1位を記録しました。アメリカでも注目度が非常に高いことが伺えます。

また日本においても2015年1月19日(月)付オリコンアルバムランキング3位にランクインし、これは女性歌手のライブCDとしては11年2ヶ月ぶりのこと。日本人女性グループとしてはなんと24年7ヶ月ぶりという快挙!BABYMETALの凄さを思い知らされます。

海外でも大きな注目と人気を誇る彼女達ですからiTunes Storeの海外配信ではアメリカ・イギリス・カナダ・ドイツなどのメタルアルバムチャートで1位を獲得しています。

この記録だけを見ても、BABYMETALがいかに世界のメタルロック界で知られた存在なのかがわかりますね。なぜこれほどまでに注目され人気があるのかということが「LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜」を観ればわかると思います。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。