AKB48総監督・高橋みなみの卒業シングルの発売が目前に

AKB48総監督を務める高橋みなみが2014年12月8日に発表した卒業宣言から約1年。ついに迫るその卒業の日に向けて、AKB48がどのような活動を行うのかまとめました。たかみなセンターでの卒業シングル「口唇にBe My Baby」の発売、それに先駆けてのMV公開。そして卒業公演やたかみなプロデュース公演など、盛りだくさんです。

ほぼ1年前となる2014年12月8日に発表された、AKB48高橋みなみの卒業

AKB総監督としてグループ全体を引っ張ってきたたかみなは、ちょうど1年後を目処に卒業することを宣言していました。

まさにその日が近づいてきた今、たかみなの卒業に向けてどういった動きがあるのかまとめてみました。

高橋みなみ、約10年ぶりのセンター

12月8日といえば、2005年のAKB48デビュー記念日でもあります。

その翌日となる12月9日、たかみなにとってのラストシングルとなる42thシングル「唇にBe My Baby」が発売されます。

たかみなはインディーズ時代の1stシングル「桜の花びらたち」でセンターを務めて以来、センターとなったことはありませんでした。

そしてこの曲では約10年ぶりとなる、そしてメジャーデビュー後では初となるセンターを務めることとなっています。

唇にBe My Baby Type A 初回限定盤をAmazonでチェック!

唇にBe My Baby Type A 初回限定盤をAmazonでチェック!

高橋みなみのラストシングル「口唇にBe My Baby」

更に「口唇にBe My Baby」の発売に先立って、MVの一部が公開されました。

高橋の卒業シングルとなることもあって、MVのテーマも「バトンタッチ」となっています。

自身の卒業後、松井珠理奈や宮脇咲良らにあてた手紙を送る様子など、卒業ソングにピッタリのMVとなっています。

また、「会いたかった」で使用した千葉県の洲崎灯台で再びロケをしたり、同じような構図を取り入れるなど古参ファンにとってはニヤリとできるシーンも。

当時は前田敦子が演じたシーンを高橋が演じ、高橋が演じていたシーンは入山杏奈が演じました。

同じ構図でもガラケーだったものが今回はスマホになっているなど、前回との共通点や相違点を探すという楽しみ方もできますよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。