AKB48の新曲「365日の紙飛行機」が朝ドラ「あさが来た」主題歌に!

9/28(月)より放映のNHK連続ドラマ小説「あさが来た」。

その朝ドラの主題歌に起用されたのがAKB48の新曲「365日の紙飛行機」です。

そして今回のセンターはNMBAKB兼任の山本彩。一体どのような曲なのか?迫ってみたいと思います。

AKB48 あさが来た 365日の紙飛行機
(出典:Twitter)

AKBが主題歌に選ばれた朝ドラ

朝ドラ「あさが来た」。

時は幕末、主人公あさ(波瑠)は京都随一の呉服屋、今井家の次女として誕生しました。大阪の両替屋の息子、白岡新次郎(玉木宏)の元に嫁ぐことが決まっており、厳しい教育を受けているあさ。

にも関わらず相撲が好きで木登りや廊下を走ったりといった、女らしさのかけらもないあさが両替屋に嫁ぎ、その商才を開花させる。そして明治、大正といった激動の時代を強く生き抜くあさ。一体どのような物語が紡がれるのでしょうか。

紹介動画もアップされています。

AKB48の新曲が朝ドラ「あさが来た」主題歌に!さや姉の歌声で朝が始まる

さきほどの動画の途中、曲が流れたことに気づかれましたか?

そう、2:37あたりから流れるのがAKBの新曲「365日の紙飛行機」。センターを務めるさや姉の歌声から始まるこの曲で、日本中の朝が始まるとかんがえると感慨深いものがありますよね。

NHKの朝ドラの主題歌となれば、紅白の出場も約束されたようなものですし、年末も楽しみですね。

AKB48の新曲「365日の紙飛行機」では、さや姉がAメロすべてを担当!

そして365日の紙飛行機でセンターを務めるさや姉、この曲ではなんとAメロすべてをさや姉が歌うというのですから驚き。朝らしく、爽やかで透明感のある綺麗な曲です。

そしてあさが来るは朝ドラ史上最も制作費用がかかっているとされており、出演者やセットも豪華。物語が幕末から始まるというのも朝ドラ史上初と、かなり気合の入った作品です。

ドラマの人気にも期待が高まる中、その主題歌に抜擢されたということはAKBにとって、そしてさや姉にとって更なる飛躍に繋がるでしょう。

AKB48の他のオススメ記事

朝ドラ主題歌も歌うAKB48のライブへいこう!

AKB48 あさが来た 365日の紙飛行機2
(出典:Twitter)

いかがでしたか?連続テレビ小説「あさが来る」の主題歌に抜擢されたAKBの新曲「365日の紙飛行機」。テレビをはじめとしたメディアでの露出も更に高まることが期待されますよね。チケットキャンプ(チケキャン)では、AKB48のチケットを取り扱っています。新曲「365日の紙飛行機」をいち早く生で聞けるライブチケットも手に入るかも?

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。