でんぱ組・相沢梨紗はメイドだった!?驚きの経歴をおさらい

今や、インドネシアや中国、フランスにイギリスと世界中で活躍中の「でんぱ組.inc」。

今回はリーダーを務める、りさちーこと相沢梨紗をフィーチャーしてお届け。6人のメンバー全員がオタクであることを公言しているでんぱ組、果たして彼女はどんなオタクなのか、まとめてみました。

相沢梨紗の担当ジャンル・色は?

でんぱ組メンバーは年齢や本名などを非公開にしているメンバーが大半です。相沢梨紗は以前は「西村めめ」という名前で活動しており、現在の芸名が本名だとも言われていますが、定かではありません。

担当色は白で、オタクジャンルは90年代アニソンや声優ソングです。そういった専門性が評価されてか、2013年、2014年にはアニメ「闇芝居」で声優を務めたこともありました。

相沢梨紗はコスプレ衣装を自作している!?

他にもりさちーはコスプレを趣味としています。

2次元であるアニメ・漫画に声で命を吹き込む声優、そして2次元のキャラクターを3次元へと具現化するコスプレイヤーは2.5次元の存在であるとして、自身のキャッチコピーにも2.5次元という言葉を使用しています。

かつては服飾の専門学校に通っていたこともあるりさちー、コスプレ衣装は自分で作っているといいます。

料理の腕も一流!?メイドもやっていた!相沢梨紗のバイト歴

上述の専門学校にかよっていた頃、当時千代田区にあったあるメイドカフェで働いていたというりさちー

その頃のことを語っていたラジオがこちら。

一般的にメイドカフェと聞いて想像するお店とは違い、いわば「メイドさんもいるカフェ」のようなものだったようです。「おかえりなさいませ、ご主人様」というようなことも言わず、普通のサラリーマンが来店するような玄人向けメイドカフェだったようです。そこでは料理の腕を買われ、キッチンメイドとして働いていたとのこと。

残念ながらそのお店は閉店してしまったそうですが、その後秋葉原の「Dear☆Stage(ディアステージ)」というライブカフェで働きはじめたのが転機となったようです。そこではオープニングスタッフとして採用され、メイド長も務めるほど!今でも「りさごはん」という料理イベントをディアステで開催しており、料理本を出版するなどその料理の腕は一級品のようですね。

でんぱ組.incの他のオススメ記事

相沢梨紗の手料理を食べてみたい?そんなときは…

いかがでしたか?コスプレ衣装を自分で作ったり料理イベントを開くなど、りさちーの家庭的な一面も魅力的ですよね。チケットキャンプ(チケキャン)では、相沢梨紗個人でのチケットも、でんぱ組.incのチケットもどちらも取り扱っています。イベントに参加すればりさちーの手料理を食べられるかもしれませんよ!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。