嗣永プロ!カントリー・ガールズ嗣永桃子の伝説がスゴイ

カントリー・ガールズの「ももち」こと嗣永桃子さんは、アイドルとしての言動、立ち居振る舞いや、表情を決して崩さないために、いつしかファンから「嗣永プロ」と呼ばれています。

2008年5月20日には「第2回MELON GREETING」にはメロン記念日のメンバーからも「嗣永プロ」とはっきりと言われてしまい、その呼び方がしっかりと広まりました。ただ、ももち自身はその呼び方を「かわいくないからやめてほしい」と否定的!?

さて、彼女が「嗣永プロ」と呼ばれるようになった数々の伝説とは?また、最近も更新中のレジェンドについても調べてみました。

嗣永桃子伝説、その真偽は?

ももちの伝説でよく聞かれるのが、そのプロ根性ですが、その真偽の程は?ソースは?調べてみました。

高熱でフラフープを数百回回したという伝説は「Berryz工房DVD Magazine Vol.2」の時のこと。ももちの口から、別件でそのときのことが話題になった際、高熱が出ていたから覚えていない等と語られたのがソースです。

振付師の竹中夏海さんに「ももちなんて(気安く)呼べない」と言われたという伝説は、2013/3/20放送の今はなき「笑っていいとも!」のコーナー「緊急討論!史上最強アイドルは誰?」にて、ももちが選出されたのがソース。

踊り、歌、パフォーマンスすべてに秀でたももち、それは努力に裏づけされているのですが、その事にまつわる過去の伝説はあまりに多く、ファンも「いつの事だっけ?」と混乱してしまっている事がよくあるようです。

マツコデラックス受けがいい小関をセンターに配置!?これも嗣永桃子伝説か

さて先日、カントリーガールズの新センターが決定し、「小関舞」ちゃんがセンターという位置づけになりました。舞ちゃんは端正な顔立ちですが、最年少である上に2014年11月にグループ名を改名したばかりということもあり、ももちがセンターの方がいいのでは?という声も多々ありました。

ただ、小関舞ちゃんは、マツコデラックスさんより、「夜の巷を徘徊する(2015/5/14放送)」にて、グループの中から選ばれたメンバー、いわゆる推しメン。同番組のこの回の視聴率は番組至上もっとも高く、いかにマツコさんが選ぶ推しメンにファンが興味をもっていたかわかります。

プレイングマネージャーでもある、ももちも舞ちゃんにフレッシュさ以外にも、何かを感じとって、センターに据えたのではないかと考える方もちらほらいるようです。それほど、ももちの手腕・才覚はハロプロファンに認知されているともいえますね。

嗣永桃子は天使すぎ!プロ対応はファン相手だけじゃない!伝説の更新は今日も続く

伝説の「ももち握り」など、ファンにも伝説的な良対応をみせるももちですが、共演者の方にもこんな優しさを見せていました。

基本的に共演者の方には一人一人ご挨拶し、最新のシングルを持参するももち。

グループ外の仕事が多いももちですが、こうやって少しでもグループに還元しようとする姿勢がやはり「嗣永プロ」であり、伝説なのでしょう。

嗣永桃子率いるカントリー・ガールズを是非見たい!

そのプロ根性と天使のような優しさで伝説がドンドン量産されてしまう「ももち」こと嗣永桃子ちゃん率いるカントリー・ガールズのチケットを、チケットキャンプ(チケキャン)では取り扱い中です。是非チェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。