松井玲奈+松井珠理奈=じゅりれな感動エピソード集

SKE48じゅりれな」「W松井」離れ離れになっても二人が大好きなファンはたくさん!

そんな二人のキュートで感動するエピソードをまとめました。

昔の無邪気な発言も、今の二人の物理的な距離を見るとなんだか泣けちゃいますが、今でも精神的なつながりはとっても深いようですね。

SKE48松井玲奈ちゃん&松井珠理奈ちゃん、二人で作るハートは綺麗

じゅりれな 1
(出典 : Twitter)

2010/7/7(水)の七夕の日にリリースされた「ごめんね、SUMMER」。いまでもこの曲を特別に思う方も多いのではないでしょうか。

それというのも、じゅりれなが二人で「ハートマーク」をさっと作るフリがあるから。しかも珠理奈さんの口からこんな発言も。

珠理奈ちゃん「ごめんね、SUMMER」の「ハートにそっと~」っていう振りのときに、ふたりの手でハートマークを作るんですけど、玲奈ちゃんとじゃないとハートが割れたりしてうまくいかないんですよ!」
(出典 : 「SKE48×週刊プレイボーイ(2012年5月号)」)

しかも先日の二人がパーソナリティーをつとめたANN(2015.4.22放送)では玲奈さん側からも「二人の思い出」として、二人にしか上手く行かないハート作りの事を語っていました。

数年経ても繰り返し語られるこのエピソード。二人ならキレイに作れちゃうことを、ずっと不思議に、そしてかけがえなく思っていたのでしょうね。

SKE48松井玲奈ちゃん&松井珠理奈ちゃん、「松井」姓の呪縛を乗り越えた絆

さて、二人は同じ「松井」姓。やはり、同じ苗字ということで比較されたり、順位付けされたりと様々なことで葛藤を感じた時期もあるのだとか。

そんな一時期の苦悩を「SKE48劇場チームE「手をつなぎながら」公演(2014/7/27)」の際に珠理奈さんが語ってくれたことがありました。

”同じ松井と言うこともあって周りから沢山比べられるようになって、あの頃はまだ子供だったからどうしていいか判らなくなりました。 今までみたいにしてちゃダメなのかなあ?ライバルにならなきゃダメなのかなあ?色々な気持ちが芽生えました。”

しかし、いつの間にかそんな気持ちは二人の絆の前に霧散していまい、こんな心境に。

”でも今はそんなこと思いません。玲奈ちゃんがいてくれたから、玲奈ちゃんというライバルができたから、今の私がいると思います。だから玲奈ちゃんが辛い時は私が支えます。 玲奈ちゃんがいない時は私が玲奈ちゃんの分まで頑張ります。 ”

玲奈さんの珠理奈さんへのお手紙の中にはそういったことは綴られてはいませんでしたが、終始、珠理奈さんへの愛情や尊敬心、そしてライバルとして親友としての気持ちがストレートに出ていた名文でしたよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。