【涙腺崩壊】ももクロの感動エピソードを動画で振り返る

いまや日本に留まらずその勢いは海外にまでおよび人気アイドルグループ、ももクロ

他のアイドルや芸能人と何が違うかって言われれば、ファン(通称モノノフ)たちは決まって「人柄です」と答えるでしょう。ファンのことを思ってくれる気持ちやスタッフに対する感謝には素晴らしいものがあります。

彼女たちが愛される理由を感動シーンと共に振り返ってみましょう!

ももクロの感動&泣ける名シーン 紅白初出場決定にももクロ感動!

2008年の結成後、アイドルにも関わらず地道に代々木公園で路上ライブを行っていました。代々木公園はNHKホールに隣接していたので、もちろん「紅白歌合戦への出場」という夢を抱くことに。

2010年のメジャーデビュー発表時に、紅白出場と日本武道館でのライブ開催を宣言。その後、さいたまスーパーアリーナでの公演を行い、観客数は武道館の目標をクリア。そして、2012年、武道館ライブ、紅白歌合戦出上を果たすことになります。

初出場を知らされたメンバーの様子がこちら!

真っ直ぐに喜びを表す内面のピュアさも愛される魅力ですね。このとき、既に脱退していた早見あかりが在籍していた「ももいろクローバー」時代のオリジナルラストコールバージョン「We’re the ももいろクローバー レニ カナコ アカリ シオリ アヤカ モモカ」を使用し、6人でその夢をかなえました。

ももクロの感動&泣ける名シーン 早見あかり脱退時に

NHKの朝ドラや、映画など女優としての活動が目覚ましい元メンバーの早見あかり

そんなあかりんのももいろクローバー脱退ファイナルコンサートでのメンバーとのやり取りからは、アイドルを超えたキャラや性格性がうかがえます。

ちなみにももクロ5人で歌った初めての歌は、「あかりんへ贈る歌」です。

ももクロの感動&泣ける名シーン 布袋寅泰とももクロ感動共演!

布袋寅泰気志團など、多くの有名アーティストから楽曲を提供されるももクロ。楽曲提供だけでなく、こうしてステージで共演が実現されるのも、ファンにとっては感動ものです。

ももクロは国内だけにとどまらず、レディー・ガガやアメリカ人気ロックバンドKISSなど、そうそうたる海外アーティストともコラボを実現しています。アイドルらしからぬロックさも彼女たちの持ち味。アイドルという枠をどんどん越えていく5人に、ますますモノノフたちも追いつかなくては!

ちなみにこちらは、ももクロの6年間の軌跡をぎゅっと3分に凝縮した動画。3分という短い時間でも、泣けるポイントがありすぎますね。

ももクロの他のオススメ記事

ももクロの感動ライブをその目で確かめて!

次々に大きな会場を満員にしていくももクロのコンサート、ライブも、チケットキャンプ(チケキャン)で取扱っています。今後ますます活躍の幅を広げていくももクロ。この機会にぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • >他のアイドルや芸能人と何が違うかって言われれば、ファン(通称モノノフ)たちは決まって「人柄です」と答えるでしょう。

    この一文だけでも、記事を書いた方のももクロへの理解が深いことが分かります。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。