あの人もモノノフだった!?ももクロファンの芸能人を紹介

8月には「GIRLS’ FACTORY 15」、9月には松崎しげる主催の「黒フェス」出演を控えているももクロ。彼女たちのいつでも全力投球な姿勢やプロ意識の高さから、多くの人々から人気を得ています。

実はそんな彼女たちのファンの通称であるモノノフを名乗るのは、一般人だけでなく芸能人にもたくさんいるのです。今回は、そんなモノノフを公言している芸能人をまとめてみました。

あんな人やこんな人まで!?ってビックリすること間違いナシ。ではご覧ください!

ももクロの熱狂的なファン、モノノフを公言している芸能人 その1

山里亮太(南海キャンディーズ)

重度のアイドルオタクで、AKB48のファンとしても有名な山ちゃん。そのAKBと同じぐらいももクロのことを追いかけているらしく、大きなイベントやライブでの目撃証言もたくさんあります。

番組などでも共演することが多く、他のファンからは羨望や嫉妬の目を向けられていることも。

そういったことからモノノフの間では既に広く認知されており、ライブ中にカメラが向けられることも少なくないのです。しかし、カメラに映し出されると他の観客からはブーイングされるのがお約束となっています。

こちらはももクロの国立公演を観た感想を、ラジオで熱く語った場面です。

舞台裏でのエピソードを語りながら涙するほど、ももクロに夢中な様子が伝わってきますね。

塚地武雅(ドランクドラゴン)

はねトびなどで何度か取り上げられていますが、塚地も非常に熱心なモノノフの一人です。

塚地とはまた違うスタンスを取っており、芸能人ではあるものの、あくまで一人の一般モノノフとして扱われたいと考えているようです。

以前ライブに一般客として参加した際の様子が捉えられたりもしています。

ももクロの熱狂的なファン、モノノフを公言している芸能人 その2

田中将大

こちらも認知度高めのモノノフ。元アイドルの奥さん・里田まいさんも元々モノノフで、まいさんがマー君にももクロを布教したんだとか。

夫婦揃ってライブにいくことも珍しくないそうですよ。

テレビでももクロと共演したときの、マー君のデレッデレな様子が可愛かったですよね。

バナナマン

バラエティ「バナナマンのブログ刑事」でももクロと共演したときからファンになったそうです。コンビ揃ってのモノノフとして、番組やラジオでも公言、応援しています。

設楽はラジオで、こうも語っています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。