乃木坂46初のドキュメンタリー映画公開 見どころを特集!

同名漫画が原作の舞台「じょしらく」の開催を6月に控えている乃木坂46

その乃木坂46が自身初となるドキュメンタリー映画、「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」の公開を予定しています。

今回はその「悲しみの忘れ方」の見どころについてお届けしていきます。

乃木坂46主演ドキュメンタリー「悲しみの忘れ方」

この作品は、乃木坂46の1stシングルから10thシングルまでのミュージックビデオを手がけた丸山健志が監督として制作されています。

テレビやステージでは見えない、舞台裏のメンバーの素顔を捉え、メンバーそれぞれへの密着インタビューを通して彼女たちの等身大の姿を映し出します。

AKB48の公式ライバルとして結成され、様々なプレッシャーに晒されながらも挫けずに活動し続けてきた彼女たちの素顔とは一体どんなものでしょう。

映画の発表と同時に公開された告知ムービーがこちらです。

乃木坂46「悲しみの忘れ方」 見どころその1

映画「悲しみの忘れ方」の公開は当初、5月に公開される予定でした。

しかし制作スタッフの追加撮影への強い希望、作品のクオリティーをより高めたいという思いから公開は7/10(金)に延期となりました。延期されることにより更に期待度も高まってくることから、その完成度には注目したいところですね。

また、本編の一部を2月に公開しています。

タイトルやこの動画のBGMからも推測できるとおり、作中ではメンバーそれぞれの過去の辛い体験を主なテーマとしているようです。ハンカチとティッシュの用意はかかせませんね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。