15人が選抜!乃木坂48舞台じょしらくの公開オーデションとは

2009年~2013年まで、別冊少年マガジンで連載されていた「じょしらく」。2012年にはアニメ化もされ、その人気は今更語るまでもないですよね。

そのじょしらくが舞台化され、そのメインキャストは乃木坂46からオーディションで選ばれることが発表されたのは記憶に新しいことでしょう。

そして去る3/29(日)、キャストの公開オーディションが行われました。今回はそのオーディションの様子と、決定したキャストについてお届けします。

舞台「じょしらく」公開オーディションの概要

舞台の上演は6/18(木)より。会場は渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoにおいて催されます。

じょしらく初の舞台化となる今回、メインキャラクター5人の役をそれぞれ3人ずつ務める「トリプルキャスト方式」で上演されることが以前から話題になっていました。

そしてこの公開オーディションには乃木坂46から総勢26名が参加しています。

審査方法は一般投票を行い、更に審査員として舞台制作を手掛けるネルケプランニングの代表取締役・松田誠氏、脚本・演出を担当するSUGARBOYの川尻恵太氏、そしてマガジン編集部から編集長とじょしらくの編集担当の2人、と合計4氏による協議のうえで選考が行われました。

舞台「じょしらく」公開オーディションの様子は?

オーディションは参加した26名のメンバーを3ブロックにわけて行われました。

立候補した役での一人芝居、同ブロックから1人を相手役として指名しての二人芝居、川尻氏からの質問に回答、ブロックメンバー全員での即興芝居、という4つの項目で審査。

注目は、やはり舞台経験者の井上や衛藤でした。一人芝居では舞台全体を駆け巡り、経験者ならではの堂々としたパフォーマンスを見せてくれました。

その様子が伝わる、ツイートがこちら。一般参加した方のようですね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。