モー娘ファンの第一人者マツコ・デラックスの熱い想いとは?

モーニング娘。は現在、全国ツアー「モーニング娘。’15コンサートツアー春 ~ GRADATION ~」の真っ最中。

先日、プロデューサーのつんく♂が自身の声帯を全摘出したという衝撃の発表をしたのも記憶に新しいですね。

そんなモー娘。を応援している大物タレントといえば、あのマツコ・デラックス。今回は、そんなマツコとモー娘。のお話をお届けいたします。

マツコ・デラックス、モー娘。について語る その1

そのぶっちゃけたトークやタブーもなんのその、というコメントぶりで人気のマツコ・デラックス。

今ではテレビで見ない日はないというぐらいの引っ張りだこですが、そのテレビなどで自身のことを無趣味だと公言しています。しかし実はアイドルにはまっていたりもするのです。その唯一とも言っていい趣味がモーニング娘。です。以前からモー娘。を追いかけていて、自著でも言及するほど。

その自著「デラックスじゃない」で、「『モー娘。』はベテランと入れ違いで若いのがどんどん入ってるんだけど、もう”伝統”というか、”英才教育”というか、み~んな、キャラが濃いのよ~」と熱弁しています。たしかに過去卒業していったメンバーはもちろん、現在のメンバーもキャラが濃い娘が揃っていますね。

マツコ・デラックス、モー娘。について語る その2

同様に、自著で

とも語っています。それぞれのメンバーの持つ、独特の魅力に惹かれているようですね。

更に、モー娘。にはまっている理由としては、「アタシは、『アイドルおたく』的要素がまったくないファンだから、例えばAKBのような『報われない男が自己投影するような歌詞』は、分からない。『モー娘。』の『なぜかちょっと日本を背負っている感のある歌詞』のほうがグッとくる」ということをあげています。

最近のモー娘。の歌詞には確かに「明日はない」「見得を切れ」「兜の緒を締め直して」といった若い女の子らしいとは言いにくい、熱い歌詞が多く含まれています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。