一路真輝は、1982年に68期生として宝塚歌劇団に入団し、1993年に「天国と地獄-オッフェンバック物語-」で雪組男役トップスターに就任。その後、「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラ役をはじめ、「雪之丞変化」の中村雪之丞役、「あかねさす紫の花」の大海人皇子役など数々の名演を披露して一世を風靡した。1996年のサヨナラ公演では、日本初上演となる「エリザベート」のトート役を演じ切り、その後のエリザベートブームの先駆けとなった。退団後は、東宝ミュージカル「王様と私」のアンナ役で女優としてのスタートを切り、「南太平洋」「アンナ・カレーニナ」「キス・ミー、ケイト」などの大ヒットミュージカルに出演。これまで、菊田一夫演劇賞をはじめ読売演劇大賞優秀女優賞、松尾芸能賞優秀賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されている。

一路真輝の日程

359人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

一路真輝のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 18:00更新)

一路真輝について

一路真輝の魅力とは

元宝塚歌劇団トップスターとして一世を風靡した一路真輝は、1996年の退団後も女優・歌手として、ミュージカルをはじめ舞台、テレビドラマ、コンサートなどに幅広く活躍し、多くのファンから慕われている。入団当初から優れた歌唱力と容姿が注目され、1985年に「はばたけ黄金の翼よ」で娘役としてヒロインに抜擢される。その後、男役としての経験を重ね、1993年に「天国と地獄」で雪組トップスターに就任。宝塚歌劇団の代表的演目として毎回大人気となる「エリザベート」の日本初演でトート役を好演したことでも知られる。

退団後は、東宝版ミュージカル「エリザベート」の初代ヒロインを6年間務めるほか、「王様と私」「キス・ミー、ケイト」「アンナ・カレーニナ」などの名作に出演し、大きな話題となる。2016年には芸歴35周年を迎え、「Ichiro live 2016 ~35th anniversary~」を開催。ミュージカルの名曲からスタンダードまで、その美しい歌声を披露し、ファンの心を鷲掴みにした。2017年7月から全国上演されるミュージカル・コメディ「キス・ミー・ケイト」では、松平 健演じるフレッドの元妻リリー役に抜擢。磨きのかかった歌声と演技力で観客を魅了する一路真輝のステージを心ゆくまで味わってほしい。

一路真輝が好きな方はこんなチケットもおすすめ