春風亭一之輔は、今最も注目されている若手落語家の一人だ。ありとあらゆる賞を総なめにし、21人を抜いて真打昇進という快挙を遂げた逸材である。その実力の素晴らしさは、人間国宝であるあの柳家小三治が「本物」だと絶賛したほどだ。古典落語に現代の笑いを織り交ぜ、独自の落語を展開していく一之輔。落語上級者の人はもちろんのこと、落語を見たことがないという人までも楽しませてくれるのだ。年間で900席もの高座に立っており、350日公演をおこなっているが、それだけではなくラジオやテレビなどにもひっきりなしに出演しているというから脱帽である。そんな彼の落語、ぜひとも生で楽しんでみてほしい。一度見たらハマってしまうことは間違いないだろう。

春風亭一之輔の日程

438人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

春風亭一之輔のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/25 12:00更新)

春風亭一之輔について

春風亭一之輔の魅力とは

空前の落語ブームである昨今。落語界の注目株とされている若き精鋭が春風亭一之輔だ。2001年に春風亭一朝に入門。2004年には二ツ目に昇進し、2012年にはなんと21人抜きで真打へと昇進を果たす。

古典落語を基盤としながらも新作のような現代アレンジを盛り込んだ芸風は、落語初心者も楽しめると評判である。人間国宝である柳家小三治も認めざるをえなかったという実力。たくさんの聴衆を惹きつけるに時間はかからなかった。瞬く間に人気となり、年間350日、900席もの寄席に出演した。それだけにとどまらず、テレビやラジオなどメディアへの出演も精力的におこなっている。レギュラー番組のほか、CMにも出演。勢いはとどまることを知らないのだ。

大胆な落語を特徴としている一之輔。時にクールともとれる話しぶりで落語が展開されていくが、そこには絶妙な毒が垣間見える。これが、お腹もよじれるほどに笑いを誘う理由の一つなのであろう。そして常に新しい笑いを追求し、常に進化することをやめない。それが一之輔だからこその落語なのである。一度独演会を開催すれば、チケットは即ソールドアウト。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いと言える彼の落語を、ぜひとも生で聴いてみてほしい。

春風亭一之輔が好きな方はこんなチケットもおすすめ