市村正親劇団四季出身の日本の俳優。1973年「ジーザス・クライスト=スーパースター」でデビューし、「エクウス」「コーラスライン」「キャッツ」等に出演。中でも、「オペラ座の怪人」では主役を演じ、後に紅白歌合戦に出場した際も「オペラ座の怪人」を歌唱した。1990年に劇団四季を退団した市村正親は、舞台、テレビ、映画、ナレーターと幅広く活躍。「ミス・サイゴン」では「世界一のエンジニア」と言われるほどのエンタテイナー振りを披露する名ミュージカル俳優となった。市村正親は、他にも「ラブ・レターズ」「モーツァルト!」「ダンス・オブ・ヴァンパイア」「スウィーニー・トッド」等数々の作品に参加。また、市村正親のひとり芝居「市村座」も上演している。

市村正親 ひとり芝居 市村座の日程

90人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

市村正親の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

市村正親のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

市村正親について

市村正親の魅力とは

市村正親は舞台、ミュージカル、テレビ、映画、ナレーターと様々な分野で活動する俳優。2007年には、長年の功績を称えられ、紫綬褒章も受賞している。

1973年に劇団四季のオーディションを受け、デビュー。1974年に劇団四季に正式入団し、1990年まで在団した。市村正親が劇団四季に所属してた際の主な出演作は、「ジーザス・クライスト=スーパースター」「エクウス」「コーラスライン」「キャッツ」「オペラ座の怪人」など。市村正親は、1989年に歌手として紅白歌合戦に出場を果たすが、その際には主役を務めた作品から「オペラ座の怪人」を披露した。

その後も、数々の作品に参加。中でも、「ミス・サイゴン」でエンジニアを演じた際には、「世界一のエンジニア」と称された。他の出演舞台作品では、「ラブ・レターズ」「モーツァルト!」「屋根の上のヴァイオリン弾き」「ダンス・オブ・ヴァンパイア」「スウィーニー・トッド」等。「ステキな金縛り」「テルマエ・ロマエ」「のぼうの城」等の映画にも出演。「THE世界遺産」のナレーターも務めている。ひとり芝居「市村座」も上演している。ひとり芝居「市村座」は、演じ・歌い・語る様々な市村正親を堪能できるとあって人気の舞台だ。

市村正親 ひとり芝居 市村座が好きな方はこんなチケットもおすすめ