市川九團次は、アイリンク所属の歌舞伎役者である。屋号は高島屋、三升の中に九の字が書かれた定紋を持つ。本名は鈴木道行と言い、現在は俳優としても活躍中である。歌や映画・演劇鑑賞、トレーニング、ファッション、料理、掃除などを趣味に持っており、歌舞伎舞踊や新舞踊、日舞、殺陣、乗馬、スキューバダイビングなどを特技としている。一般家庭に生まれた市川九團次は、高校在学中にミュージカルデビューを果たす。その後、テレビや映画に出演するなど経験を積んだ。歌舞伎役者としては、1998年9月公演の「ヤマトタケル」が初舞台で、その後も数々の歌舞伎の舞台で活躍中。そんな歌舞伎の世界で活躍を見せる市川九團次から、今後も目が離せない。

市川九團次の日程

10人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

市川九團次の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

市川九團次のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/15 00:00更新)

市川九團次について

市川九團次の魅力とは

市川九團次が歌舞伎の世界に入ったのは1998年の7月。五代目坂東竹三郎に入門した。門閥外からの入門だったが、同年9月には大阪松竹座で公演された「ヤマトタケル」で舎人、熊襲兵士役を務めた。当時は、坂東竹志郎と名乗っていた。2005年4月には、同じく大阪松竹座で公演された「菅原伝授手習鑑 車引」で四代目坂東薪車を襲名した。さらに同年には十三夜会賞奨励賞受賞を果たし、幹部俳優にまで登りつめた。2006年には咲くやこの花賞を受賞し名題昇進も果たす。2013年には、文芸春秋の「10年後の日本を担う逸材108人」で、演劇部門歌舞伎役者6人中の1人に選ばれるなど、世間からも認められるほどに成長。2014年2月には、東京芸術劇場で公演された「サロメ」に出演。役作りのための10kgもの減量と演技力で観客を驚かせた。2014年9月の京都南座公演からは、成田屋市川海老蔵一門として活動。2015年1月に、現在の四代目市川九團次を襲名した。

市川九團次の魅力は、やはり観る者を虜にする圧巻の演技力である。2016年の単独歌舞伎公演では、第1・2部で全く違うキャラクターを見事に演じきり、多くの観客を感動させた。また、優しさがにじみ出ているような甘いルックスで、多くの女性ファンも獲得している。市川九團次の魅力を体感するためにも、ぜひ一度、劇場に足を運んでみてほしい。

市川九團次が好きな方はこんなチケットもおすすめ