サイバーダイン茨城ロボッツは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEのB2東地区に所属するバスケットボールチームだ。つくば市・水戸市を中心とした茨城県全域をホームタウンとし、2013-14シーズンからNBLに加入。サイバーダイン株式会社によるネーミングライツとホームタウンが「ロボットの街」であることから命名された。新リーグ参戦に当たり、一色翔太(SG)をはじめとした錚々たる選手が所属している。チアリーダーRDTが選手とブースターを鼓舞し、チームスローガン「Best Readiness, Best Perfomance」を掲げた新生・サイバーダイン茨城ロボッツが脅威的な実力で制覇を目指す。

サイバーダイン茨城ロボッツの日程

9人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

サイバーダイン茨城ロボッツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/18 12:00更新)

サイバーダイン茨城ロボッツについて

新生・サイバーダイン茨城ロボッツの活躍に期待

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUEのB2東地区に所属するサイバーダイン茨城ロボッツは、ロボットの街として知られるつくば市を中心に誕生。2013-14シーズンからNBLに参入し3シーズンを戦ってきたが、成績は振るわず下位に低迷していた。B.LEAGUEへの参戦にあたり、大幅にメンバーを入れ替え大幅な補強をした。NBL2015-2016シーズンを経て、心機一転、B1を目指して日々試合を重ねている。今後、戦力の揃った新生・サイバーダイン茨城ロボッツが台風の目になることを期待しよう。

サイバーダイン茨城ロボッツが好きな方はこんなチケットもおすすめ