猟銃」(りょうじゅう)は井上靖の短編小説だ。日本が誇る大作家井上靖の名作であるが、2016/4/2(土)~2016/4/24(日)から、2011年の初演で大絶賛された今作の舞台の再演が決定した。今回も初演同様カナダ・モントリオールと日本で上演され、3役を演じる中谷美紀とフィジカルアクターのロドリーグ・プロトーが魅せる2人芝居となる。演出についても前作同様アカデミー賞など数々の受賞作品を持つカナダのフランソワ・ジラールが担当。美しい演出と迫力ある二人の演技で、1人の男の13年間にわたる不倫の恋が描かれる。2011年の初演時も大きな反響があり、アンコールの声が多数あったことから再演にも繋がっている人気舞台。猟銃のチケットは早々に売り切れると予想される。

猟銃 中谷美紀 主演舞台の日程

150人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

猟銃の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

猟銃のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

猟銃について

「猟銃」(りょうじゅう)は1949年に発表された井上靖の恋愛心理小説である。 内容は、1人の男性の13年間も続けていた不倫の恋が、妻と愛人、さらにその愛人の娘、この3人からの手紙によって暴かれていくというストーリー。4人それぞれの複雑に絡み合った心理模様が緻密に描かれており、その作品の評価の高さからこれまでドラマ・映画・舞台化された。 舞台は、2013年にアカデミー賞受賞歴を持つ映画監督であり演出家のフランソワ・ジラールが演出を担当し、日本のトップ女優中谷美紀とフィジカルアクター ロドリーグ・プロトーの2人芝居で初めて上演されたが、その舞台の美しさ、さらに3役をこなす中谷の圧巻の演技に絶賛の嵐がわき起こった。

舞台作品として第19回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞、中谷美紀が第19回読売演劇大賞優秀女優賞、第46回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞するなど業界関係者からの評価も高く、観劇した観客からもそのようにアンコールの声が絶えなかった為、2016年には再演が決まった。 初演も再演もカナダ・モントリオールと日本で上演されており、日本とカナダの才能を結集させ作り上げられた国際プロジェクト舞台「猟銃」。ぜひ再再演も期待したい。

猟銃 中谷美紀 主演舞台が好きな方はこんなチケットもおすすめ