兵庫芸術文化センター管弦楽団は、2005年に設立されたオーケストラである。阪神・淡路大震災を経て、文化復興の街のシンボルとして2005年秋にオープンした、兵庫県西宮市にある兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラとして活動している。英語表記は「Hyogo Performing Arts Center Orchestra」であり、英文の略称PACオーケストラとしても親しまれている。主な演奏活動は、定期演奏会や特別演奏会、室内楽演奏会をはじめ、兵庫県内の中学1年生を対象とする「わくわくオーケストラ教室」や、出前演奏会などを開催。そのほかにも、専属オーケストラとしての特性を活かし、兵庫県立芸術文化センター主催のオペラやバレエ公演、コンサートなどにも積極的に出演している。

兵庫芸術文化センター管弦楽団の日程

247人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

大阪城ホール

兵庫県立芸術文化センター

石川県立音楽堂

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

兵庫芸術文化センター管弦楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 12:00更新)

兵庫芸術文化センター管弦楽団について

兵庫芸術文化センター管弦楽団の魅力とは

兵庫芸術文化センター管弦楽団(Hyogo Performing Arts Center Orchestra、通称PAC)は、兵庫県西宮市にある兵庫県立芸術文化センター専属のオーケストラである。本オーケストラは、世界各地のオーディションで選ばれた若手演奏家で構成されており、フレッシュかつインターナショナルなオーケストラとしても知られている。また、アカデミー型オーケストラとしての要素も持っており、在籍期間内に様々な公演での演奏を通じ、オーケストラとしての実力を高めることを期待されている。芸術監督は指揮者の佐渡裕が務め、レジデント・コンダクターには岩村力が、コンサートマスターには四方恭子と豊嶋泰嗣の2人が就任。楽団員の構成は、35歳以下の若手演奏家で構成するコアメンバーを中心に、1年を通じてコアメンバーと公演に参加するレジデンス・プレイヤー、芸術監督の推薦で選ばれたアソシエイト・プレイヤーで編成されている。定期演奏会は年9プログラム用意されており、全ての演奏会が金・土・日の3公演行われる。世界一流の客演指揮者やソリストを招聘しているので、見所に溢れた内容となっている。一度は生演奏を聞いてみたいオーケストラである。

兵庫芸術文化センター管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ