宝塚歌劇月組 鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA イメージの結晶取扱中!「鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA」は、2017年11月大阪・芸術劇場を皮切りに全国11ヵ所で上演される宝塚歌劇月組の全国ツアーである。18世紀ヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィによって書かれた寓話劇「トゥーランドット」。宝塚歌劇においては1934年宝塚レビューを形成した第一人者の白井鐵造によって作品化され、1952年劇団名誉理事長も務めた春日野八千代の主演によって話題を呼んだ。そして、2002年宙組の和央ようか、花總まりを中心とし上映し、15年の時を経て月組トップコンビ珠城りょう、愛希れいかが主演を務めることとなった。CRYSTAL TAKARAZUKAはダンスを中心としたショーとなっている。ファン必見の作品を要チェックだ。

宝塚歌劇月組 鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA イメージの結晶

1,584人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

新潟県民会館他5会場

オリンパスホール八王子他2会場

まつもと市民芸術館

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 18:00更新)

「鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA」について

「鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA」の魅力とは

「鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA」は、2017年11月大阪・芸術劇場を皮切りに全国11ヵ所で上演される宝塚歌劇月組の全国ツアーである。鳳凰伝は、オペラで人気の「トゥーランドット」を宝塚版に木村信司がアレンジした作品。月組トップスター、カラフ役の珠城りょうは愛知県出身。中学時代に始めたクラシックバレエの教師から音楽学校の受験を勧められ、2006年に宝塚音楽学校へ入学。2008年3月宝塚歌劇団94期生として入団し月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏み月組に配属となった。2010年「THE SCARLET PIMPERNEL」にて新人公演初主演。人気はどんどん上がっていき、入団9年目でトップスターまで昇りつめ近年では極めて異例なことだと世間を騒がせた。

月組トップ娘役、トゥーランドット役の愛希れいかは福井県出身。3歳からクラシックバレエを習い始め、踊ったり歌ったりすることが好きだった。小学生の時に見た宙組全国ツアー公演「エクスカリバー/シトラスの風」を観て宝塚のファンになり、受験することを決意する。2007年宝塚音楽学校に入学し予科生は娘役で授業を受け、身長が伸びてきたこともあり本科生になる前に男役に転向。しかし入団後には周囲の勧めもあって娘役へ再び転向した。2009年宙組公演「薔薇に降る雨/Amourそれは」で初舞台を踏み月組に配属。2011年「アルジェの男」で新人公演初ヒロイン。2012年には龍真咲の相手役として月組トップ娘役に就任した。

そんな期待のメンバーによる「鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKA」とあれば、見逃す手はない。ぜひとも楽しんでほしい。

鳳凰伝 CRYSTAL TAKARAZUKAが好きな方はこんなチケットもおすすめ